* カバー・トリビュート盤 : ひで

1st. 629-630 : 名無しのエリー2002.07.16.

1.Intoroduction

2.Rocket Dive(布袋寅泰)★★★★

ハマりすぎ。まあ「スリル」とか、サイバーロック演ってる人だから当然っちゃあ当然だが。
「hello・・・hide・・・」が泣かせるぜ!仁義だよな。

3.Beauty&Stupid(清春.SHOJI)★★★★☆

選曲が全てだな。自分が一番ハマれる曲をよく分かってるな、という。

4.Tell Me(kyo&TETSU)★★★

うーん。可もなく不可もなくっていう。前2曲の後だとなおさら。

5.ピンクスパイダー(SIAM SHDE)★☆

彼らは格好良さとイタさのスレスレを行くスリルが魅力のバンドだと思うが、
これはイタいほうが前面にフィーチャーされた感じで、聴いてて赤面しちゃう感じ。

6.LEMOed I Scream(shame)★★★★

shameのCD聴いたことないんだけど、これを聴く限りなんかセンスありげなんだけど!
どうなの?は?解散したの?あら。

7.ピンクスパイダー(CORNELIUS)★★☆

まあ、小山田ファン以外は飛ばすだろうなっていう。

8.FLAME(ZEPPET STORE)★★★★

もとが、ZEPPETの曲聴いて作った曲っていうからハマるのは当然。
ボーカルいいよな。男くさくて。ムワッ、って感じで。

9.SCANNER(LUNA SEA)

思いっきり原曲を改悪。バンドのエゴが出すぎ。何さらしてんねん、って感じ。
歌も、思わず鼻で笑っちゃうっていうか。仕方ないか、「君の前でピアノを弾こう」の人だもんな。

10.DOUBT '99(BUCK-TICK)★★★★☆

このアルバムでベストトラックと思われ。
B-Tのいい所と原曲のいい所が両方生きてるもんな。冒頭の「嘘つき」だけで鳥肌立っちゃったもんな。
しかも髪立てて化粧してメジャーにのし上がった最初の2つのバンドだって事を思うと、なんだか感無量。

11.ever free(TRANSIC NERVE)★★★

いやあ、もしかして原曲より好きかも!って思ったんですが、3分9秒。ここで台無しです。
なんなのこれ?イリュージョンにかかった気分。

12.限界破裂(OBLIVION DUST)★★★★☆

ある意味、原曲をぶち壊してるのに曲の良さは全く損ねていないというか。
むしろよりこの楽曲の凶暴性を表現し得ているというか、すごい。
この人誰ですか!?すんげーいいです!え?解散したの?ガビーン。

13.MISERY(GLAY)

ボーカル、演奏、アレンジ、全てが糞。なにこの下手糞な演奏。目茶苦茶ハシってるし。中学生の学芸会かっての。
あとTERU、はっきり言って、お前の歌は「なんだカンダ」の藤井とか、そういうレベルだ。

14.CELEBRATION featuring hide(I.N.A. Pata heath)

15.GOODBYE(YOSHIKI)

↑で書いた人(管理人注:非掲載のレビュー)も言ってたけど、この2曲に偉そうに星とかつける気にはならないっていうか。いくら俺でも。

総評.★★★★

hideのトリビュートとかそういう意味合いを抜きにしても、聴いて損はないアルバム。
河村とグレイさえいなければ、レンタルじゃなくてちゃんと買うのに。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。tr.1,14,15は星評価なし。)

3rd.67 : 名無しのエリー2002.09.11.

1.Intoroduction

2.ROCKET DIVE(布袋寅泰)★★★

良くも悪くも布袋さん。独特の節にところどころ笑ってしまうがご愛嬌。愛は感じる。

3.Beauty&Stupid(清春.SHOJI)★★★★

エロいわクドいわの二乗で違うものに。自分の色を活かしているという点では選曲は上手いんだろう。

4.TELL ME(kyo&TETSU)★★

楽曲はコピーに近い。 好みで言わせてもらえば苦手な歌声

5.ピンクスパイダー(SIAM SHADE)

選曲ミスか人選ミスかは知らない。

6.LEMOed I Scream(shame)★★★

なんか若そうだけどいい感じにまとめてる。聴きやすい

7.ピンクスパイダー(CORNELIUS)★★

えっピンクスパイダーどこいった?

8.FLAME(ZEPPET STORE)★★★

曲が曲だけに本人たちの歌のよう。唯一本家の方が喰われたかもしれない曲

9.SCANNER(LUNA SEA)

曲はまあそこそこ聴ける、が河村の声が難点。こればっかりは。

10.DOUBT '99(BUCK-TICK)★★★

ここではかなり高評価だが個人的には波乱がなくて今いち。
クオリティは高いかもしれないがこれなら原曲聴いた方がいい。BTヲタだが。
hideと違って櫻井が「嘘つき」と言うと「ウラミハラサデオクベキカ」と聞こえるのは何故か

11.ever free(TRANSIC NERVE)★★

ボーカルが今いち。歌い方が若すぎる。

12.限界破裂(OBLIVION DUST)★★★★

音ゴリゴリシャリシャリしてて重くて気持ちいい。原曲とは違う意味でちゃんと自分たちのものにしてる

13.MISERY(GLAY)★★

可もなく不可もなく。
叩かれまくってるけどTERUの歌はクソ!とか言う程hide自体も歌はうまかなかったという罠。
いや比べる土俵は違い過ぎるが

14.CELEBRATION featuring hide(I.N.A. Pata heath)★★★★★

反則技だけど、正直先入観抜きで聴いてもいち楽曲としてのクオリティを保ってるのこの曲だけだと思った

15.GOODBYE(YOSHIKI)

YOSHIKI節炸裂。評価不能。中学生なら泣いてたんだろうな

総評.★★★

hideを含めどれかのファンなら買ってもいい一枚。買わなくても別に損はしない一枚。
個人的には3年おきくらいにしか聴かない一枚。

(★5個が満点。tr.1,15は星評価なし。)

27th.18-22 : 名無しのエリー2012.08.06.

1.Intoroduction

2.ROCKET DIVE(布袋寅泰)★★★

まぁ声はね。布袋さんだね。布袋さんならもうちょい派手でも良かったんじゃないかな。
メッセージはやっぱり反則。クサいクサいと思っても感動しちゃう。

3.Beauty&Stupid(清春.SHOJI)★★★★☆

原曲をもっとトガらせて、ワルにした感じ。かっこいい。
完璧に清春と合ってていうことないですわ。

4.TELL ME(kyo&TETSU)★★

歌が軽い軽い。声と相まってもう気持ち悪い。あと英語も日本語もはっきり発音しすぎ。くどい。
途中の「うぉ~うぉ~」ぐらいの迫力で最初から歌ってくれよ。

5.ピンクスパイダー(SIAM SHADE)

Vo.が曲と合ってなくて残念すぎる。あとパートごとの歌い分けができてないと思う。
本編がガッカリで、最後にギターが暴れるのもただただ虚しい。

6.LEMOed I Scream(shame)★★★★☆

すっごくいいです。洋楽みたい。Vo.もすごく心地良い。
アウトロもうちょいすっきりしてても良かったかな。でもギターソロ素敵だからアウトロも聴いちゃう。

7.ピンクスパイダー(CORNELIUS)

え、よくわかんない。

8.FLAME(ZEPPET STORE)★★★☆

良い感じ。ステキな曲にあうステキな歌、声。

9.SCANNER(LUNA SEA)★★

後半だけならなんとか・・・。「透けて見えるぜ」って口調の隆一はなかなか聴けないので。

10.DOUBT '99(BUCK-TICK)★★★★☆

まとめにもあったけど、これ聴くなら原曲でいいかと。
Vo.がBTが好みならこっち、hideが好みなら原曲ってぐらい。でも星はいっぱいつけちゃう。ビクンビクン。
ただ、BTのは二人で掛け合いになってるのがちょっとおもしろい。
ちなみに私BTオタなんですけど、まとめの人もBTオタのようで。だからなんだって話ですが。

11.ever free(TRANSIC NERVE)★★

途中で音飛びするんだけど。やっぱ中古で買ったのがまずかったか。
ブリッジからサビの演奏が突き抜けてたり、アウトロで走ったりしてて良いカバーだったのに。残念だなぁ(棒)。

12.限界破裂(OBLIVION DUST)★★☆

まとめでは評価高いですが、私的には3つぐらい。
前半と後半が別曲過ぎらぁ。

13.MISERY(GLAY)★★★

これでもかという程たっぷり叩かれまくっているナンバー。まぁ確かにそんな感じ。
ただ、発売から13年も経ってから聴いてみるとやっぱりこれはこれで正解だったんじゃないかと。
そう思ったのは、未だにGLAYがこの曲をライブでやってること。
へんに気合の入ったカバーじゃ何度もライブでできない。1回こっきりの作になってしまう。
一回カバーしてはい終わり、じゃなくて、ずっと演奏していくことが大事。
布袋さんとかXメンバーより若手のGLAYはその辺の自分たちの役割をしっかりわかってた。と思う。
自称愛のバンドはこのトリビュート盤の一番大事なところをしっかり掴んでたんじゃないか。

14.CELEBRATION featuring hide(I.N.A. Pata heath)

15.GOODBYE(YOSHIKI)

この二つは評価しない方向で。自分自身Xについて詳しくないので、評価するのもおこがましいと思いますし。
ただ、14.はやっぱり間違いない出来ですね。

総評.★★★★★

4、5、9に関しては、頑張りは伝わるけどもあともうちょっと。特にルナシーはもっと出来ただろうと思えるだけに惜しい。
7、11に関しては、よくわかんないです。CD買い直します。
2、3、6、8、10、13は、楽曲の素晴らしさとともに愛が溢れてる。
GLAYに関しては引き継いでいこうという姿勢が感じれると思う。
ある意味、完璧なカバーしか許されないXやBTが出来ないところをしっかりフォローしてるんじゃないかな。
布袋さんも同じく。先輩だからこそできるダイレクトメッセージ。熱い漢です。
どのバンドも出来はどうあれ愛がこもっていて、良い盤になってると思います。
まとめ見てて「自分と違う感想だなぁ」と思ったのがきっかけで書き始めたので
なに言ってんだこいつと思われるかもしれませんが読んでいただければと思います。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。tr.1,14,15は星評価なし。)