* アーティスト名 : しゃらん・きゅー

20th.9-12 : 名無しのエリー2008.10.27.

1.さんざん言ってんだぜ★★★

しゅう作曲の、アルバム一曲目にしては渋くて大人な感じの曲。つんくの歌い方も、囁くような感じでムードあり。
しつこいまでに女の尻を追っかける、つんくの詞が冴えてます。
終始後ろで鳴ってるパーカッションが印象的。

2.ドラマティックに -'90 DREAM-★★★☆

後にベストにも収録された、はたけ作曲によるポップな曲。全盛期のビーイング系っぽいアレンジ。
次にシングルとして切るならこの曲だっただろう。

3.Good-bye ダーリン★★★★☆

はたけ作曲曲の、個人的にアルバム中一番気に入ってる曲。つんくの短いシャウトから始まる。
古き良き歌謡曲を感じさせる曲に、別れた恋人への未練を綴った歌詞が乗る、まさにシャ乱Qの真骨頂。
左チャンネルから聞こえる「テテテテテテン」ってピアノがいい味出してます。

4.ズルい女★★★★

言わずと知れた、シャ乱Q最大のヒット曲。
イントロは言わずもがな、要所要所に入るホーンがキマってる。はたけが吹くフルートも曲にマッチしてます。
パーティーソングながら、歌詞はやはり恋人との別れを歌っていてつんくらしい。

5.DA DA DA★★

つんく作の、気だるいスローテンポなロック。1と同じく、つんくの囁くような歌が聞ける。
「とにかく女が好き」って気持ちを延々繰り返す歌詞は好き嫌いが分かれそう。
シングル曲に挟まれて、印象としては地味な曲。

6.空を見なよ★★★☆

前曲とはうって変わって、初期のミスチルがやってそうなポップで爽やかなシングル曲。
クリーントーンのギターが爽やか感を引き立てる。ズルい女で付いたケバい印象を中和する曲。

7.ROBERT★★☆

ライブ用に作ったようなパーティーロック。
ノリはいいけど、シンプルなアレンジにより、ズルい女ほどのゴージャス感はない。
間奏に入るハープソロがかっこいいです。
客との掛け合い的な部分が多いので、ライブでは盛り上がるだろう(この先演奏されるのかどうかわからないけどw)

8.俺のこと愛せないとしても★★★★

作詞まこと・作曲はたけによる、落ち着いた雰囲気のポップな曲。
歌詞が秀逸で、特に、微妙な恋愛感情を恋人の母親の死と絡めた部分は素晴らしい。
ラストサビでドラムのリズムが速くなるのがかっこいい。いわゆる隠れた名曲かと。

9.SANAFE★★

たいせー作曲による、一番はピアノと歌のみという静かなバラード。
間奏に入るエレキギターが切ない。後半になってからバンドが入る。
いい曲なんだけど、ちょっと地味かなぁ。

10.ピエロ★★★☆

つんく作曲の、シャ乱Qらしいミディアムテンポで歌謡曲風味な曲。間奏のギターソロからの流れがかっこいい。
空を見なよのラストのピアノをエンディングに持ってくるアレンジが粋です。

11.今すぐ逢いたい★★★

激しいドラムソロから始まる、アルバム中最もハードな曲。
こんな曲をアルバムのラストに持ってくるあたり、当時のバンドとしての勢いや充実感がうかがえる。
はたけのHR趣味が全面に出た曲。

総評.★★★★

ズルい女のヒットで、一躍トップへのし上がったシャ乱Qの5thアルバム。
当時の勢いをそのまま閉じ込めたような作品で、シングル曲に負けないほどアルバム曲のクオリティーも高いです。
アルバムの流れもなかなか練られてて、渋く始まる1からハードな11で終わるのが新鮮。
細かく聴いていくとアレンジもかなり凝ってて、ただ勢いだけで売れたわけではないのがわかる。現時点でのシャ乱Q最高傑作かと。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

3rd.479 : 名無しのエリー2002.10.18.

1.Become★★★☆

アコギがいい

2.NICE BOY!★☆

シングルだけど…浮いてる。

3.君の香りがする雨★★★★★

感動のバラード。

4.都会のメロディー★★★★☆

新たな一面を見せたロングセラーシングル

5.SURE★★★★

しゅうの最高傑作かと(藁

6.そんなもんだろう★★

シングル。この曲も浮いてます。曲単体ではそこそこかも。

7.二度と会えない 二度と会わない★★★★☆

今では見ることの出来ないつんくのすばらしいメッセージがこめられてます。

8.森へ行こう★★☆

若干浮いてる感のあるたいせーの最高傑作。

9.Hands★★★★☆

”空を見なよを思わせるナンバー”

10.ひとり★★★☆

好き嫌い分かれるけどこのアルバムの要だと思う。自分は10点付けたい。

11.Never Say「Good-bye」★★★★★

インディーズからやってきた曲らしい。彼らのロックナンバー最高傑作。

12.パワーソング★★★★

つんく得意のミディアムバラードで幕をとじます

総評.★★★★☆

シャ乱Q最初で最後の捨て曲無しアルバムかと。
同じ日に出たスピッツの名盤”フェイクファー”と勝るとも劣らない名盤です。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

28th.290-295 : 名無しのエリー2016.11.28.

(Disc.1)

1.18カ月★★★

記念すべきデビュー曲。古臭いしあまり完成度は高くないけど若さに溢れている。

2.現代の不良になれない少年達★★

スラップベースが跳ねてるけどサビメロがグタグダでまだまだ発展途上な感じ。

3.とってもメリーゴーランド★★☆

サビの「メリーゴーラ~ン」しか頭に残らない。

4.最後のデートは「ま・た・ね」でお別れ★☆

タルいバラード。無駄に長い。

5.パララ★★☆

80年代に流行ったビートロックみたいな曲。つんくが無駄にハイテンション。

6.友達はいますか★★★

なんつーかもう勢いだけみたいな曲だけど、悪くない。

7.上・京・物・語★★★★☆

急成長。これで始めのブレイクを果たしたのもうなずける。
イントロのキーボードから耳に残りまくり。メロディが冴えまくってる。

8.ロスタイム★★★☆

スラップベース中心の曲でなかなかカッコいい。
イントロでつんくがギャーギャー叫んでるのがうるせえw

9.出会い★★★

爽やかですが引っ掛かるものはありません。

10.恋をするだけ無駄なんて★★★★

イントロだけで6点はつけれる。爽やかだけどそれだけじゃなくて陰りのある雰囲気。

11.For You~翼をあげよう~★☆

空気みたいなバラード。あんまり覚えてないや。

12.シングルベッド★★★☆

ミリオンヒットを記録した名バラード。アコギの使い方がうまいね。
ここまでバラード微妙な感じがしてたけど、この曲は別物。

13.女友達★★★

アップテンポ。このバンドはほんとにベースが良い役割してるよ。

14.ズルい女★★★★☆

売れるべくして売れた曲。
イントロは勿論、全編に渡ってホーン大活躍。フルートもいい味出してて、派手でカッコいい。

15.空を見なよ★★★☆

なんかミスチルっぽい曲。ていうかつんくの歌いかたが桜井っぽい。むしろ桑田?
サビはすんごい爽やか。ここらへんからたいせーがどんどんシュールな格好に。

16.もっと誰かに見られたい★★★

ギターのカッティングとかその他のアレンジで助けられてます。
曲は別に、って感じ。

(Disc.1)評.★★★

やっぱり初期の曲が古臭さが抜けなくて慣れない。
けど段々アレンジが良くなっていく過程は知れるし、後半の曲は単品で聴くより3割増しでよく聴こえたりする。

(Disc.2)

1.My Babe 君が眠るまで★★☆

売れたね。でも個人的には歌謡曲臭が強すぎてあまり好きじゃない。

2.ドラマティックに -'90 DREAM-★★★☆

爽やかでなかなか良い。途中のコーラスは若干笑えるけど。
これ、シングルでも行けたな。

3.いいわけ★★★

もう養老の星・幸ちゃんしか出てこねえww
曲はなかなかカッコいいけどバックがちょっとグタグダしてる気が。
この時の紅白はド派手でした。

4.こんなにあなたを愛しているのに★★☆

シリアスな曲。ファンには人気みたいだが、俺はあまり…

5.涙の影★★★

ん~、ありがちなバラードとしか言いようがない。
ストリングスはなかなかいいのに。

6.Moving★★★☆

引っ越しを決めた、という歌。アレンジがなかなか凝ってます。スピード感があっていいね。

7.NICE BOY!★★★☆

今までのシャ乱Qサウンドの集大成みたいな曲。派手なサウンドが聞き応えあります。
なんか音がぐっちゃぐちゃになってカオスになる間奏は必要だったのか。

8.大阪エレジー★★★

イントロのサックスがいい雰囲気出してる。
初期に比べてほんとにサウンドがアダルトになったよなあ…

9.そんなもんだろう★★★★★

傑作でしょう。一気にイントロのキーボードでテンション上がる。
NICE BOY!と展開は似てるが完成度はこっちの方が上。
サビの「単純なんだ~」のメロがほんとに単純なのに耳に残って離れない。

10.心★☆

ハープを使ったバラードですが、正直ベストに入れるほどではありません。

11.パワーソング★★★★☆

つんく渾身のバラード。前曲なんてもう比べもんにならないぐらいの名曲。
エレピがお洒落な雰囲気を出しながらも、サビではしっかりとブラスやストリングスが雰囲気を盛り上げる。
シングルベッドよりも好き。

12.都会のメロディー★★★☆

歌謡曲路線だけど前みたいに退屈ではなく、スリリングな展開となっております。
しかしこの頃のシングルはレベルが高いね。

13.Hands★★★☆

シャ乱Q流ハードロック。ギターが前面に出てます。
シンバルシャリシャリ言い過ぎです。

14.ためいき★★★☆

アコギを中心にしたバラードでなんか新鮮。つんくも低音で攻める。

15.愛 Just on my love★★★★

ジャズテイスト。初期モー娘。みたいな凝ったアレンジがカッコいい。ついでにエセラップなんかもあったりして。
この曲でベースのしゅうが脱退しちまいます。

16.君は魔術師?★★★☆

はたけのギターとキーボードのストリングスサウンドが合わさってなんかシンフォニックな雰囲気を醸し出してる。新境地だね。
余談だけど前曲とこの曲は同じアニメのOPになってる。なんでこんなテイストの違う2曲を採用したんだw

17.新・ラーメン大好き小池さんの唄★★★

ダンス☆マンのクールなアレンジとお馬鹿な歌詞が見事に噛み合わなかった怪曲。でも嫌いじゃないよ。
なんかこれでシャ乱Qの活動が止まってしまったんだと思うと、寂しい曲調に聴こえたりするんだよね。

(Disc.2)評.★★★★

1枚目に比べるとかなり曲の幅が広がって成長した感じがする。
特に後半のNICE BOY!~君は魔術師?までのシングルはどれもレベルが高くて聞き応え抜群。
もっとこの調子で良曲を量産して欲しかったなあ…

総評.★★★☆

シャ乱Qのベストアルバム。
曲は単品で聴くと悪くないものが多い。が、ちょっとこれは曲詰め込みすぎ。
シングル+アルバム曲+カップリング少々という構成なんだが、退屈なバラードとかは外してよかったと思う。
ちょっと初心者には重量級すぎ。
俺からするともっとHEY×3で担当した松ちゃん作曲の「タクシードライバー」とか欲しかったよ。あれ、なかなかカッコいいしさ。
でもいい曲もあるよ。シャ乱Qってずっとつんく中心のバンドだと思ってたけど、むしろはたけがいいメロディー作ってたなあという印象がある。
良くも悪くも個性的なバンドだったね。
つんくの声は出なくなってしまったけど、いつか声が出せるようになって、あの個性的なボーカルでこのCDの名曲を歌う日が来たらいいよね。
以上、こんなレビューを読んでくれてありがとう。暇だったら聴いてみてよ、シャ乱Q。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)