* アーティスト名 : りた

1st.151 : 名無しのエリー2002.07.07.

1.マンネリズムの夜★★★

アルバムの最初としてはいい感じ。ただ、1曲としてみたときそれほどいいとは・・・

2.悲しみのハンター★★★★

50秒近くあるイントロをつけたアルバムバージョン。長い。でも、曲自体はいい。

3.環7ラビット★★★★★

曲全体の雰囲気が素敵。環7とついてるが現代っぽくない印象。

4.千年は闇の中に★★★★

3拍子でグルーヴ感のある曲。抑揚のついた歌声がいい感じ。

5.22。★★★

長くて重くて暗くて、ちょっとだらだらした印象。

6.蕾★★★★★

長くて重くて暗くて、メロディーが奇麗で聞きこむとだんだんよくなってくる。

7.エキゾチックカード★★★

あまり印象に残らないな・・・。

8.qoopee★★★★★

昔のメリーゴーランドみたいな音楽。タイトルはボーカルの積しのが飼ってる猫の名。

9.飛べない鳥★★★★★

これもなんとなく戦前っぽい。そして遊園地っぽい。

10.Soft Exotica★★★★★

インストだがこのアルバム一の名曲。

11.黒い雨・・・★★★

2ndシングル。あまりに椎名林檎っぽくて萎える。

12.でいごの花★★

いらないかも。

総評.★★★★★

サウンド的には最高!名アルバム。
今後出る曲はプロデューサーに亀田氏、根岸氏を迎えているので残念なことに林檎、Coccoっぽくなってしまうのだ。
完全セルフプロデュースのこれはかなり貴重な一枚。

(★5個が満点。)

5th.641 : 名無しのエリー2003.10.02.

1.天の川 ~ティンガーラ~☆☆☆☆

5thシングル。キャッチーなストリングスのイントロから始まる。

2.こいのめ☆☆

前の曲よりさらにキャッチー。
耳に残りやすい効果を狙って入れられた電子音に戸惑う。

3.今日も地球に朝が来る☆☆

アコースティック系ロックバラード。前後の曲と比べると地味。

4.ミルク☆☆☆

童謡みたいな短いかわいい曲。
ボーカルにもぜんぜん癖がなく、素直に歌っている。

5.生誕カーニバル☆☆

前曲から一転、ハードな曲調に太いボーカル。ただし、これも歌い方の癖自体は弱い。

6.段々畑の丘の上☆☆☆☆☆

ヨーロッパの民謡みたいなアコースティック曲。心持ちハスキーな歌い方が絶妙に合う。

7.O☆☆☆☆

前アルバムに入ってそうな感じの静かなバラード。
抑えたボーカルと洞窟で水が落ちるような効果音が秀逸。

8.フェアリー

シャカラビッツの曲を林檎がカバーしました。って感じ。
せっかく林檎っぽさのない曲が続いたのになんか台無し。

9.teapot

唯一の幸克哉メインボーカル曲。
曲順的にはこれが入ってる意味はあるのだが、ちょっと聴いてられないほどひどい歌。globeでいうマークがメインの曲のような感じ。
サウンド的には猫の声とかいろいろ入っていてなんかおもしろいのでもったいない。

10.うたき咲く花☆☆☆☆

根岸孝旨との共同プロデュース。だからアレンジがCoccoみたい。曲はいい。

11.火の神 ~ヒヌカン~☆☆☆☆

6thシングル。盛り上がりとうまくシンクロしたサビメロがいい。広がりのあるロックナンバー。

総評.☆☆☆

ポップさ、キャッチーさは上がったが、中途半端。なんか普通になってしまった感のある2ndアルバム。
ニライカナイというタイトルのわりに、歌詞カードの写真を除き、沖縄っぽさがまったくないのも不可解。
椎名林檎のようなボーカルスタイルがあまりなくなって聴きやすい歌になったのは評価できる。
初めて聴く人には前アルバム「色恋品定め」よりこちらがお勧めだが、
Litaとしての個性は薄いのでどこにでもあるようなアルバムで面白くないと感じるかもしれない。

(☆5個が満点。)

5th.661 : 名無しのエリー2003.10.08.

1.天の川 ~ティンガーラ~★★★★☆

妖しくうねるギターにストリングスがシンクロ。そこから得るイメージは雨空を飛翔する竜w。
亀田氏を迎えまさに利他が一線を越えた曲

2.こいのめ★★

績しののボーカルが可愛くなっている。キャッチーだが聞き流してしまう

3.今日も地球に朝が来る★★★

アコースティック系ロックバラード。サビが流れるように美しく印象的

4.ミルク★★

童謡のような短い曲。嫌いな人は嫌いだろうな・・・

5.生誕カーニバル★★★☆

パンク色の強い良曲ただし演奏のインパクトは弱い

6.段々畑の丘の上★★☆

北欧カントリー?アンダルシアが笑い死にしてラストは電子音。分けがわからん

7.O★★★

前アルバムに入ってそうな感じの静かなバラード。
抑えたボーカルと洞窟で水が落ちるような効果音が秀逸。(同意。)

8.フェアリー★☆

印象が薄い。個性が無い。よって聞き流す。

9.teapot★★

前奏のジャズアレンジガ終わると壊れる。
人によってはノイズにしか聞こえないだろう。俺は好きだが。

10.うたき咲く花★★★☆

根岸孝旨との共同プロデュース。リカットシングルを出すならこれ!といった感じの秀曲。
少し地味かな。

11.火の神 ~ヒヌカン~★★★

シングルだけに非常に良く出来ているが、ここまで滑らかにすると、もはやLitaでなくてもいい。

総評.★★☆

前作には到底及ばない。
Litaを聴いた事のない人は5thシングルだけを買えばよろし。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)