* アーティスト名 : くるり

7th.419 : 名無しのエリー2004.02.24.

1.Interlude★★★☆☆

1分位の短い静かなアコギ(たぶん)が優しいインスト

2.モノノケ姫★★★★☆

ロック調の曲。個人的にはこれが「図鑑」あたりのくるりに繋がっていったのかなと思ったりする曲。

3.Old fashioned★★☆☆☆

「サビ」がちょっとクドイ。

4.続きのない夢の中★★★☆☆

スローテンポな叫び系の曲。ライブで聴いてみたい曲。

5.雨★★★★☆

テンポよく流れるアコースティックな曲。個人的には 「ばらの花」に近いかなとも思ったりする。

6.Supper☆☆☆☆☆

評価のしようがない、休憩タイム的なインスト。

7.坂道★★★★★

全体の流れが好き。落ち着いたアコースティックな前半からコーラスの流れが優しい初期の名曲。

8.Yes mon I'm so lonely★☆☆☆☆

眠くなる曲調に合わせてラップ的に呟いている(サビは違うけど)曲。
「坂道」で終わってれば良かったのではと思ったりした曲。

総評.★★★☆☆

好きな曲と嫌いな曲がハッキリ分かれるアルバム。
個人的には「坂道」、「モノノケ姫」に関してはくるりファンなら聞いておくべきかと。
くるりファン以外の人で「坂道」が好きなら「さよならストレンジャー」で「モノノケ姫」が好きなら「図鑑」を聴けば(・∀・)イイ!!はず

(★:1点,☆:0点の計5点満点。)

7th.691-693 : 名無しのエリー2004.03.19.

1.Interlude★★★★

冒頭に相応しいピアノとギター2本だけのインスト、ピアノの使い方の趣味がいい(とくに0:44-0:47のあたり)。美しい。
坂道のインストだが坂道より叙情に満ちており私は好きだ。

2.モノノケ姫★★★

全曲とは打って変わって突如激しい岸田のシャウトにて幕開け。ライブで盛り上がる曲。CDでもその熱さは伝わる。
後年2nd1曲目「マーチ」がこの雰囲気に似ている。マーチの方がコードの狂気やリズムの急激な転換等、より魅力的だと思う。
「灯台守に隠れなさい」という歌詞が笑えて好き。

3.Old-fashioned★★★★

ラジオの音声を曲に混ぜるというアイディア、かつてビートルズが"I am the walrus"でBBCラジオの「リア王」を混ぜたことを思い出す。
2:38-2:42の辺りのコーラスのコード進行は凄い、ありえない。この部分だけのために星4つあげてもいい。
そのあとのドラムも淋しげでよい。で、演奏が消え、終わるかと思ったら、ラジオで外人が"no""no!"と2回言う、そしてまた演奏が始まる。
終わったかと思うほど沈黙をおいてもう一度やりだす、この長い沈黙、溜めは初期くるりを聞く最大の魅力の一つだ。

4.続きのない夢の中★★★★★

くるり屈指の名曲。
イントロのベースに歌がある。岸田の声は内に籠めた情熱が熱い。
「地下鉄の路線図」の地下鉄、「鉛の壁に書き連ねる」の壁、「イエイ」の叫び、感情が溢れたすばらしいヴォーカル。
後年のように音程を調整していないので、アマチュア的に歌の音程は外れているが、それは決して欠点ではない!
逆にわたしは音程をきちんと当てた最近のシングルにこの湧き出る魂が感じられない。
この曲のあたかも一発録りの、ビシビシと感情がつたわる歌声を聴け。そこでは音程の不確かささえも魅力となっている。
そしてなによりも「抱き合って死ねたら」の岸田の声の裏返り方!これ以上の歌い方は考えられない。凄い。
indies1st「もしもし」の「蒼い涙」と似たやるせなさだが、よりこちらのほうが結晶度が高いだろう。

5.雨★★★★★

前曲に続きくるり屈指の名曲、最強の繋がりだと思う。まずイントロのギターアルペジョが非常に美しい。
そしてそのアルペジオの中を、ドラムがクレッシェンドで近付いてくる、ベースがどんどん上昇してくる、その盛り上がり方は完璧だ。
そしてその次の1拍半の休符!この溜めが素晴らしい。
そしてその次に一斉にアクセントをつけて出してくるコードがとんでもない!ありえない!なぞの動きのベース。
これは転調なのか、それとも何なのか?そしてさらに例の1拍半の休符で楽器群が押し黙るなか、
岸田の「戻れない」という脱力ヴォーカル。「ど」の音程が少し外れている。むしろ素晴らしい。
Aメロが終わるまでこのありえないコード(おそらくE7)が変わらないでずっと居座っているのも凄い。Tomorrow never knowsかよ。
Bメロ、急に優しいアルペジョが戻り(このあたりのコードも一筋縄でない美しさ)、声も優しく、美しいコードが鳴り響いた後の例の溜め。
そしてこの曲の最大のポイント、サビの前のギターアルペジョのコード進行の美しさ、
ベースの奏でる半音階(レ→「ド→シ→シ♭」、この時代のくるりには伴奏に美しい歌がある!)、
ドラムのクレッシェンド、全てが有機的につながって盛り上げていく。
まるでDear Prudence(ビートルズ)の0:11-0:17(一拍目レ→ド→シ→シ♭)のような展開で、あの曲に似て、実にしっとりとした美しさ。
そしてサビのコーラスと詩の美しさは書き加えるまでもない。

6.Supper★☆

インスト。特に美しい音のつながりがあるわけでもない。
ならばこれを抜いて続きのない→雨→坂道という名曲を立続けにやるとどうなるか。息が詰まるかもしれない。
あえて息抜きとして、雨と同調(Dメジャー)の軽い曲としてはさんだのかもしれない。1分程度の短さ。

7.坂道★★★★

本人もファンも認める「名曲」。終始落ち着いた雰囲気で進んでいく。
しかし3,4曲目のえげつない美しさのほうがわたしは好き、この曲、多少名曲然とし過ぎている気もするので。
(最後らーらーらー、と歌う部分が多少その嫌いがある)
そうは言っても、岸田の若々しい声、「いつも」のへなへな感、
「ああ君を乗せて」のあたりの声のテンションと伴奏ギターのコード(これも美しい)のハーモニーは素晴らしいものがある。

8.Yes mom I'm so lonely★★★

奇曲。2ndの名曲「チアノーゼ」の気味悪さと通じるものがある。とんでもなく怪しいコード。
メロディーなしのヴォーカル。「ラ↑ラ↓シ♭」というシンコペーションリズムの怪しいベースライン。
決してヘヴィーローテーションしようと思わないが、くるりの幅広さを認識できる。
3:59からボーナストラック?謎の曲が始まり、岸田の「僕の心はー」という実にメロウにモヤモヤとした
絶妙なヴォーカルが実にモヤモヤと聞こえこれもなにやら美しげだがなにしろぼやけているのである。

総評.★★★★★

くるりの基礎的な要素をすべて兼ね備えていて、後のくるりが失ってしまった魂の叫びが一番生々しく響いている貴重なアルバムだ。
メジャーデビューをしないで、この方向性で突っ走って行くくるりもわたしは見てみたかった。
くるりに興味をもったらまずこれを聴いてほしい。ひょっとすると、その衝撃は一生忘れることはない、かもしれない。
わたしは少なくとも、忘れない。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

27th.589 : 名無しのエリー2015.10.11.

1.Interlude

「坂道」のアコースティックアレンジ。短いがなかなか好き。

2.モノノケ姫★★★★

今ではほとんど聞けない激しいグランジ風の曲。ライブで盛り上がりそう。
尻切れとんぼっぽく終わるのもGOOD

3.Old-fashioned★★★☆

サイケデリックな曲。なかなか気味が悪い。外人がなんか騒いでます。

4.続きのない夢の中★★★★

スローな叫び系の曲。東京に似ている。これもライブ栄えしそう。

5.雨★★★☆

プログレッシヴな曲。隠れた名曲だと思う。
アルペジオがものすごく綺麗で、「ばらの花」に近い。

6.Supper

つなぎ。

7.坂道★★★★★

これは名曲。情景が目に浮かんできて、泣きそうになる。
これも今のくるりには作れないであろう一曲

8.Yes mom I'm so lonely★★☆

え、なにこれ…。とてつもなく怪しいイントロにこれまた怪しいヒップホップ風のリリックが乗る。
なんか最後別の曲が流れてるし…。♪7で終わっておけばよかったのに…。

総評.★★★☆

ロックバンド、くるりの京都時代のインディーズ盤。
アルバムでいえば「図鑑」にいちばん近く、今聴いても全く色褪せることのない名盤。
ただ、ミニアルバム故に物足りないのと、全体的にまとまりがないのが欠点。
ちなみに、MV、フォト、メンバーのコメントなどを詰め込んだエンハンスド「おまけつき」(廃盤)がありますが、ホントにおまけでしたwww

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

7th.170 : 名無しのエリー2004.01.07.

1.ランチ★★

最初の1曲目からゆったりしたテンポ。好みが分かれそう

2.虹★★★★

シングル曲。全体的にまったり過ぎずうるさ過ぎず心地よく流れてて(・∀・)イイ

3.オールドタイマー★★★★

アルバムの中で数少ないテンポの速い曲。

4.さよならストレンジャー★★

アルバムタイトル曲だけどあんまり印象に残らない。

5.ハワイ・サーティン

インスト

6.東京 ~アルバム・ミックス~★★★★★

デビューシングルにして名曲バラード。

7.トランスファー★★★

東京の余韻をぶち壊すことなく、スローでもハイでもないテンポで流れる曲。

8.葡萄園

インスト

9.7月の夜★★

まったりバラード。ちょっと眠い。

10.りんご飴★★★

まったりとしてて心地よいが、やはり眠くなる。

11.傘★★

ま た ま っ た り か 。 と思ったら激しいサビでビックリした。

12.ブルース★★

最後もまったり。そして長い。

総評.★★★☆

全体的に「まったり」としているアルバムで、「TEAM ROCK」や「図鑑」が好きな人には少し退屈に感じるかもしれない
(自分は正直そうでした)。
くるりはアルバムによっても、曲によっても全然印象が違うので聴き比べてみるのも一興ではと。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。tr.5,8は星評価なし。)

7th.662-663 : 名無しのエリー2004.03.17.

1.ランチ★★★☆☆

軽く、短い曲。何気なく終わるが、後半の重要な伏線である。

2.虹★★★★★

くるりデビュー初期の名曲。全体的に人気が高く、聞きやすい曲。

3.オールドタイマー★★★☆☆

鉄道マニア全開の激しいロック。変態ロックと違い、爽快感があるので初心者でも聞きやすい。
ただ、そこまで深い味わいはないと思う。

4.さよならストレンジャー★★☆☆☆

するめなスローテンポの曲。人によって好き嫌いがわかれる曲だと思う。

5.ハワイサーティーン★★☆☆☆

「さよならストレンジャー」と「東京」の間のバランスを取るインスト曲。

6.東京 ~アルバムミックス★★★☆☆

くるりのメジャーデビュー曲。シングルバージョンより音が低めなため、後半のコーラスが少ししょぼく思えてしまう。

7.トランスファー★★★☆☆

単体で聴いてもあまりピンと来ないかもしれないが、このアルバムでは重要な曲。
重く長い東京から一転して、短く爽快なこの曲への展開はなかなかよくできていると思う。

8.葡萄園

9.7月(なながつ)の夜★★★★☆

この二曲は二つで一つの曲となっている。
葡萄園の無限な広がりを感じさせるインストで、7月の夜は夜道の散歩で起きた出来事を歌った曲であり、コーラスが非常に印象的。

10.りんご飴★☆☆☆☆

長い上、あまり印象に残る箇所が少ないように思う。蛇足だと個人的には思う。

11.傘★★★★★

これまでの優しい曲調がここで一気に変わる。個人的には、このアルバムの中で一番好きだが、好き嫌い分かれるかもしれない。
全体的には静かな曲調だが、サビの部分ではハードなものに変わる。歌詞もそれまでとは違い、かなりインパクトがある。

12.ブルース★★★★☆

おそらく、このアルバムの中で最もインパクトのある歌。次のアルバム「図鑑」の曲のように、ハードな曲調になっている。
歌詞も、「出たり入ったり」「血の味がする」など印象的なものが多い。
演奏時間は9分近くと長い曲だが、ブルースの部分は6分ほどで終わり、あとは1曲目ランチの続きとなっている。

総評.★★★★☆

まだ未熟な部分もあり、全体的に浅い感じがするがアルバムとしてはバランスが良く、初心者にもおすすめ。
また、全体的なスタイルは今も昔も大きな違いはないため、最近くるりが好きになった人でも難なく聴けると思う。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

1st.113 : 名無しのエリー2002.07.06.

1.イントロ

インスト。無くてもいい。

2.マーチ★★★

いきなりの暴発サウンド。ちょっと短い、しかし歌詞は深い

3.青い空★★★★

メロディは綺麗だが濁り気味の処理はいかにもはやりっぽい

4.ミレニアム★★★

これまた短いが秀逸な不条理世界

5.惑星づくり★★★

インスト。音響系。岸田新し物好き。

6.窓★★★

はっぴいえんどっぽい。トリビュート参加も頷ける。

7.チアノーゼ★★★★

ヘヴィなロックンロール。ミスチルの「光の指す方へ」に近い歌詞世界。だが遥かに狂気じみている

8.ピアノガール★★

ほのぼのフォークサウンドに載せて毒を吐く。

9.ABURA

インスト。特に意味があるのか

10.屏風浦★★★★★

このアルバムのベストか。ジム・オルーク起用が成功した曲

11.街★★★

ストレートなメッセージがくるりらしいひねりもなく逆に意外。

12.ロシアのルーレット★★★

ブルージーな曲で好みだが、くるりには合ってないかも。

13.ホームラン★★

浮いている。

14.ガロン★★★

カントリー風プログレ?後半スーパーカー(だってナカコーリミックスだし)

15.宿はなし★★★★

一番スナオな曲

総評.★★★★

これ以降打ち込みサウンドに傾斜するくるりの「ロック」アルバム。聴き応えは充分だが、既に古臭い部分もある。
新しいものはスグに古びていくから辛いかも。

(★5個が満点。)

10th.52-54 : 名無しのエリー2005.05.20.

1.イントロ

遊び心たっぷりのこのアルバムの始まりを告げる象徴的なお遊びのインスト

2.マーチ★★★★☆

緩急をつけた力強い演奏が歌詞が頭の中で一体と鳴る。胸高鳴る一曲。

3.青い空★★★★★

マーチから高揚感のバトンを受け取り淡々と「とぼけるなよ」の一言から始まりだんだん感情が爆発していく
「青い空は遠くなっていく~」からは鳥肌もの。

4.ミレニアム★★★★

なぜかショートショートっぽいローファイな味わい深い一曲。
「来ないから待つけれど待つことも悲しいな 悲しさを歌うこと 酔わないさ やめたいだけ」って凄い歌詞。

5.惑星づくり★★★

音響系インスト。岸田がやりたかっただけみたいな臭いプンプン。でも悪くない。

6.窓★★★★

部活さぼって家に帰って昼寝してる時を思い出す。ダメな自分がきもちいい一曲。

7.チアノーゼ★★★★☆

あらきゆうこのドラムが冴え渡る。攻撃的な歌詞にヘビーなサウンドがのる
「ロックンロールという言葉死んでしまえ」という歌詞が鼻につく人もつかない人も嫌いじゃなさそうな一曲。

8.ピアノガール★★★

岸田のピアノの弾き語り。面白い所は1番では「だまさないで」なのに2番では「だまして」となっている所。
自分は変態性癖っぽく解釈する。歌詞がやり過ぎなのもご愛嬌。賛否両論な一曲。

9.ABURA

インスト。ピアノガールの後にすぐ屏風浦だとキツいんでリセットボタン的役割。

10.屏風浦★★★★

ジム・オルーク起用の意味が感じられる一曲。少し寂しい綺麗な風景が見えてくる。

11.街★★★★★

どこにでもある自分の育った街の情景が思い浮かぶ。
「夕暮れ前のスーパーマーケット~」ではやっぱり胸がキュンとする。
図鑑では一番ストレートな曲。

12.ロシアのルーレット★★★☆

ブルージーで楽しい一曲。「笑うなよ 殺すぞ」が青くて自分的には恥ずかしい。

13.ホームラン★★★

あからさまにJ-POPシーンを皮肉ってる。
強烈な歌詞とは対照に「シャバダバ」と明るいコーラスを入れるのがひねくれていていい意味でも悪い意味でも岸田らしい。

14.ガロン★★★☆

10分近くに及ぶくるり風プログレ。シュールな歌詞が無機質な電子音とギターと重なって淡々と進む
サビでは一転し「嵐の夜には~」と感情剥き出しで歌うのがおもしろい。ナカコーリミックス。

15.宿はなし★★★☆

ガロンとは真逆の民謡風。なぜか日本むかしばなしの「人間ていいな」を彷彿とさせる。
とりあえず聴くと家に帰りたくなる。

総評.★★★★☆

なんてしんどい事歌ってるんだろう。喧嘩売りまくり。聴いていて鼻につく人もいるだろう。
図鑑は憎まれっ子世にはばかるということわざが似合う。当時中3の自分には衝撃的な一枚だった。
「こんなしんどい音楽初めてだわ。まだ中三だしBON JOVIでも聴いときたいわ」とも思った。
松本人志が好きな自分は「遺書」みたいなアルバムだと思った。
歌詞から音楽からいちいちおもろいアルバム。岸田もお笑い好きだと確信した一枚。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

11th.31-32 : 名無しのエリー2006.01.02.

1.イントロ★☆

映画音楽のようなインスト。割りといい。

2.マーチ★★★☆

テンポが変わりまくってノイズとも取れるギターぎゅんぎゅん鳴る。このアルバムの幕開けとして最適でしょう。

3.青い空★★★★★

「とぼけるなよ」と呟き、徐々に壊れていく。
くるりのVoは全体的にたるい。それゆえに心から岸田をかっこいいと認識できる数少ない曲。

4.ミレニアム★★★★

民族的なリズムと歌詞がばっちりかみ合っている。昔のUKっぽい感触。よくわからんが。

5.惑星づくり★★

気持ちいいインスト

6.窓★★★★

脳に霞がかかる曲。二度寝に似合う曲。俗っぽい退廃感の曲。ダメ人間への曲。

7.チアノーゼ★★★☆

キレキレの演奏と対照的に念仏のようなVo。ナンバガ、もしくはスピッツのメモリーズのような曲調。
軽い小品だが良質。

8.ピアノガール★★★★☆

曲名通りピアノの弾き語り。メロディは美しいが岸田は完全にナル入ってるので評価は分かれるだろう。
平気で刺すかも、のところが最高にキモイ。俺は肯定派。

9.ABURA★☆

ピアノガールの口直し。インスト。

10.屏風浦★☆

似たような進行が延々と続く。飽きる。

11.街★★☆

電子音ピコピコのこのアルバムでは珍しいミドルテンポの純JPOP。いや昭和歌謡までいっちゃうか。
小細工をすてた直情的な曲とも取れる。

12.ロシアのルーレット★★★☆

やばいなこりゃ。サビはキチガイの叫び。岸田はフロイドでも聴いてたんかな。

13.ホームラン

なんじゃこりゃ。皮肉のつもりだろうけど、流れをぶったぎってるお気楽な曲。

14.ガロン★★★☆

やりたい放題。10分近くてサンプリングも多様。プログレですね。

15.宿はなし★★★★☆

俺は14よりこの曲の方が理解不能。そのへんの酒場で潰れたおっちゃんが弾き語ってるようだ。
なぜこのアルバムに?しかもオオトリで。ちくしょう名曲だコノヤロー。

総評.★★★☆

トムヨークはこのアルバムに刺激を受けてあのOKコンピューターを創ったと言われている。初期くるりの衝動を残す名盤と思う。
しかしどこか歴史に名を残すには足りない気もする。惜しい。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

1st.119 : 名無しのエリー2002.07.06.

1.TEAM ROCK★★

ラップっぽいVoまで披露するくるりダンスビート宣言

2.ワンダーフォーゲル★★★★★

名曲。

3.LV30★★

ダフトパンクの影響大。確信犯とはいえ・・・

4.愛なき世界★★

好きだけど、これもタイトルが「ラブレス」とは。

5.C'mon C'mon★★

もろダフト。よっぽどはまっていたのか。

6.カレーの歌★★★

好きな曲。生ピアノのみのシンプルさが良い。詞も良い。

7.永遠★★★☆

このアルバムのキモ。くるり流テクノ。好きなんだけどパクリすれすれ

8.トレイン・ロック・フェスティバル★★★

いいんです。こういう感じ。サザンロックしてる。

9.ばらの花★★★★★

一般的には2.と並んで代表曲でしょう

10.迷路ゲーム★★★

詞はいいがちょっと退屈。音の遊びが足りない

11.リバー★★★

バンジョーも入れたカントリーロック。好き。

総評.★★★☆

バラエティに富みすぎて全体バラバラな印象。いろいろ詰め込みすぎ。
2大シングル収録ということで最も売れたが完成度はもうひとつ。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

11th.555 : 名無しのエリー2006.02.14.

1.TEAM ROCK★★★

ピアノ、その他色々な音を詰め込みまくりな岸田ヒップホップ。

2.ワンダーフォーゲル★★★★☆

6thシングル。ピロピロ音とギターサウンド、さわやかなメロディーが気持ちいい。
くるりの代表曲と言ってもいい名曲だと思っている。

3.LV30★★

メリハリはっきりしないだらだらけだるい雰囲気が好き

4.愛なき世界★★

アップテンポなギターロック。結構キャッチーなメロディー。

5.C'MON C'MON★★☆

正にテクノな感じ。ダンスミュージック。カモンカモーン。

6.カレーの歌★★★

ピアノ弾き語りのシンプルな曲。

7.永遠★★

これもテクノな感じ。長いので寝るかもわからんね。

8.トレイン・ロック・フェスティバル★★★☆

轟音サウンドの疾走感溢れる変態ロック。昔のくるりは良かった。
今のくるりはこういうところが欠けているから困る。

9.ばらの花★★★★★

7th シングル。バックボーカルとしてスーパーカーのミキが参加している。静かだが存在感のある曲。
サビで男声と女声が重なるところがきれい。

10.迷路ゲーム★☆

全体もやがかかってる様な雰囲気でピアノと歌声がやさしい曲。しかしちょっと退屈にも感じる。

11.リバー★★★

8th シングル。軽快なカントリー調の曲。ポップで聴きやすい。

総評.★★★

電子音や打ち込みをたっぷり取り入れた最初のアルバム。この頃ダフトパンクに嵌ってたようなので少し影響されてる感じ。
アルバム通して聞くとちょっとまとまりに欠ける印象があるが曲単位では凄く光る曲もある。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

1st.121 : 名無しのエリー2002.07.06.

1.GUILTY★★★★

途中の滝のようなドラムでおっと思った。

2.静かの海★★

展開も詩もちょっと退屈かな。

3.GO BACK TO CHINA★★★

ごわーん、と銅鑼?の音がアジア風味で笑える。

4.WORLD'S END SUPERNOVA★★★★★

すいません、めちゃ好きです。

5.BUTTERSAND/PIANORGAN★★

いまひとつ突き抜けない。

6.アマデウス★★★

メロディは好き。歌はもうちょっとがんばって欲しい。

7.ARMY★★★

↑上の曲とまったく同じ感想。歌がんばれ。

8.MIND THE GAP★★★★

これは良かった。長いバージョンを聴いてみたい。

9.水中モーター★★★

ガボガボしたボーカル以外は凡庸だと思った。

10.男の子と女の子

アホかと思った。ボーカルも不安定すぎ。昔より歌ヘタになってない?

11.THANK YOU MY GIRL

変態度が下がったくるりじゃなくてもできそうなロック。

12.砂の星★★★★

でもこれは楽しくてやさしくてなんか好き。

13.PEARL RIVER★★★★

最後の最後でなんか仕掛けがあったほうが面白かったかも。逆にないとこわい。

総評.★★★

この路線を突き進むなら、別にうまいボーカル雇ってください。

(★5個が満点。)

1st.411 : 名無しのエリー2002.07.12.

1.GUILTY★★★★☆

最初は退屈だが途中から一転、名曲へと変化を遂げる。

2.静かの海★★

↑でせっかく気持ち良くなったのに…。ひたすら退屈。雰囲気をぶち壊す迷曲。

3.GO BACK TO CHINA★★★

その名の通りオリエンタルな曲。

4.WORLD'S END SUPERNOVA★★★★★

文句なし。とりあえず聴いとけ。損はないから

5.BUTTERSAND/PIANORGAN★★

インストはとりあえずパスと…

6.アマデウス★★★☆

メロディが秀逸。ちょっと泣きたくなった。

7.ARMY★★★

サイケデリックロック。BGMとしてオススメ。
ただ聴こうと思って聴くとひたすら退屈。

8.MIND THE GAP★★☆

くるりが歌う必要性が全くない曲。突っ込みどころが多すぎてなんとも…

9.水中モーター★★★☆

メロディは好きだが、アウトロが無駄に長い。MDに入れる時は迷わずパス

10.男の子と女の子★☆

ファンの投票でシングルカット。だがなぜこの曲が選ばれたのか分からん。
ひたすら退屈。詩がエロイ

11.THANK YOU MY GIRL★★★★

一日で出来そうなすごく単純なロックナンバー。でもこういうのが好きだったり。

12.砂の星★★

印象に残らない。

13.PEARL RIVER★★★

曲自体は特筆するところも突っ込みどころもない。
曲の後にくっついているボートを漕ぐ様な音は寝覚めに聴くとかなりマタ-リかと

総評.★★★★

1曲ごとに聴くと?な曲もあるが、アルバム全体を通して聴くと不思議と統一感があってよい。
浜崎みたいなシングル寄せ集めアルバムには決してない完成度。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

3rd.573 : 名無しのエリー2002.11.13.

1.GUILTY★★★★

一番目に持ってきたのは正解かと。
歌詞が正直w 金持ったら~変わるんかな~

2.静かの海

きれいな自己満足っぽい曲

3.GO BACK TO CHINA★★★

銅鑼とかなってて、良い意味でうさんくさい。チャイナ風

4.WORLD'S END SUPERNOVA★★★★★

ピコピコしてるけど、正直すごく好き。ゆるく踊れる。イイ!(・∀・)

5.BUTTERSAND / PIANORGAN★★★

四番と繋がってる。こういうのもアリだと

6.アマデウス★★★

曲は好きだけど、もう少し歌もがんがれ

7.ARMY★★★★★

イントロのベースいい。好みが分かれる曲かも。ちょっとサイケっぽいか?

8.MIND THE GAP

2、3回聴くぐらいならおもろい、遊んでるっぽい曲

9.水中モーター★★★

ボコーダーと歌詞がおもろいけど、最後長すぎてだれる

10.男の子と女の子

なんでこれをシングルカットしたのかわからん。地味。歌詞が恥ずかしい

11.THANK YOU MY GIRL★★

普通に良い曲、だけど短い。印象に残らない

12.砂の星★★★★

鳥の鳴き声とか、全体的にかわいい曲。サビがせつなくなる

13.PEARL RIVER★★

ボートを漕ぐ音が気持ちいい。眠くなる

総評.★★★

一番新しいアルバムだし音キレイだけど、実験的要素が多すぎてくるり初心者にはオススメできない。次に期待。

(★5個が満点。)

11th.425-426 : 名無しのエリー2006.02.02.

1.GUILTY★★★☆

不思議な電子音から始まるアコースティックの静かな曲。
途中の押し寄せてくるような楽器隊ときれいなコーラスがキモ

2.静かの海★☆

空間の広がりを感じる。段々と音の厚みが増していって最後はフェードアウトしていく。
6分半もあるから正直に言うとちょっと退屈

3.GO BACK TO CHINA★★★

ギターロックでタイトル通りちょっとオリエンタルな感じもあるようなないような間奏がかっこいい。
ドラの音を取り入れてみたりもしている

4.WORLD'S END SUPERNOVA★★★★★

打ち込みやダンスミュージックに傾倒していたくるりが生み出した名曲。
このアルバムでは頭ひとつ抜けていると思う

5.BUTTERSAND / PIANORGAN★☆

4の続きになっているインスト 今ひとつ来るものがなかった

6.アマデウス★★★

ピアノと弦楽器の美しい雰囲気が素敵だが何よりメロディラインがいい

7.ARMY★★☆

ちょっとサイケ入ってるかな、こういうのも嫌いじゃないけど

8.MIND THE GAP★★

どっかのパレードみたいに始まって外人が片言で喋る。面白いと思うか寒いと思うかはおまかせ

9.水中モーター★★★

声がもやもやふわふわしていること意外は普通のギターポップ。
7分あるけどそのうち2分半アウトロ

10.男の子と女の子

アコギがやさしい雰囲気を出している。
盛り上がりに欠けるかな。あと歌詞が賛否両論で個人的には否。
ファンの投票でシングルカットされたそうです

11.THANK YOU MY GIRL★★

超単純ギターロック このアルバムの空気とはマッチしない感が

12.砂の星★★

もわもわしたボーカルと鉄琴みたいな音がかわいらしい。
けど印象に全然残らないのはなぜだろう

13.PEARL RIVER★★☆

ボートを漕ぐゴポゴポ音に癒されるがそれ以外には特に印象に残らなかった

総評.★★★

TEAMROCKから更にエレクトロでディープな方向に進んでいった名作且つ迷作
最高傑作という人もいれば評価の対象ですらないという人もいるそんなアルバム

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

7th.646-647,649,651-655 : 名無しのエリー2004.03.17.

1.グッドモーニング★★★

イントロは岸田のアコギのみ(0:00-0:24)で美しい。3つ目のコードが往年のくるりらしさを残している。
0:25からヴァイオリン、ヴィオラが入る、しかしこちらは多少臭い。
0:50のあたりの岸田ヴォイスの低音ヴィブラートは珍しく、綺麗だと思う。
このアルバムで唯一、うまいヴォーカルと思わせる、大切に歌っている感。
深夜バスが新宿に到着する朝の詩は優しいが、「くちづけをした」と2回言うあたりあまり感心できない。
コード進行は初期くるりに比べると単純。そのおかげで平坦な優しさが出ている。
しかし3:37からのバイオリンとヴィオラのあまりの泣き節はカッコ悪い。さらに3:52からテンションをあげてもう一回やっちゃうのが痛い。
クラシックを聴きなれた耳には臭さが目立つ。ストリングスなしで、1stの一曲目「ランチ」のように仕上げたほうがずっとよかった。
「ランチ」に比べると、メロディー・コードの美しさにおいて劣る。詩は優劣つけがたい。

2.Morning Paper★★★★☆

イントロのギターリフが印象的なかっちょいい曲。ツインギターとなったくるりの一つの到達点といえるソリッドな感触。
筆者には唯一Revolver(岸田は今回のアルバムをThe Beatles "Revolver"にたとえている)ぽさを感じさせる曲。
イントロのギターリフを早く回転させる1:28からの展開はかっこよく、1stの3曲目「オールドタイマー」を髣髴とさせる。
特に1:44のA#dimコードを形成する岸田コーラスが美しく、最近は顔を見せなくなったくるりらしいハーモニーである。
このアルバムで岸田コーラスがあからさまに変なコードをになうのは、おそらくこの曲のこの場面だけだ。
(昔はたくさんあってよかったのになあ…2nd「図鑑」がその白眉である。
 このアルバム「アンテナ」においてくるりはロックに戻ったと言われているが、しかしそのまま戻ったのではなく、
 「さよスト」&「図鑑」の"岸田コーラス主導ロック"から、
 大村タッシン加入によるツインギター主導ロックに明らかに変化していると思われる。
 著者は岸田コーラスがコード進行を主導する形のほうが好みである。
 今回のストーンズ、Zep寄りのサウンド(ギター)よりも、
 初期のビートルズ、クイーン寄りのサウンド(コーラス)のほうがくるりの音楽の美しさが引き立つと思う。)
2:02からのギターリフの回転と岸田コーラス「アーアー」(ソ→ミ)の3回繰り返しはこのアルバムの白眉だ。
あえてオクターブで重ねて歌うシツコサがすばらしい。
クイーンの"March of the Black Queen"を髣髴とさせる。あのフレディの狂気と似たものを感じる。
3:25からの佐藤君大活躍のベースソロのトリッキーな動きは、くるりには珍しく、楽しいものである。
曲の締めに4:17、岸田がヘッ!と叫び、ライブ感溢れる後奏が流れる。
このダイナミックなライブ感覚はいままでのくるりのアルバムにはなかったものだ。

3.Race★★

この曲もまたイントロに曲の性格が凝縮されている。
レミファ#ミレソラシ♭ラソラ というメロディーが繰り返されるが、ここにおけるシ♭が民謡的スケールを担っている。
またこの付点リズムが曲全体の基調になっている。
はっきり言ってしまえば
 「ださい。どこの民謡やねん」
 「なんでくるりがこんな単純な民謡音階してんねん」
 「くるりならもっとカッコイイコード進行とか美しいコード進行とか出来るはずやのに」
という感じで、実に残念。
くるりは昔からこういう単純なつくりの曲をアルバムに忍び込ませてきたが、(1stでは「りんご飴」、2ndでは「屏風浦」「宿はなし」)
これらのアルバムにおいてあまり魅力的ではない曲たちであった。
しかし今回のアルバムではこの単純系の曲が民謡の色を濃くしてアルバムの柱となってしまっている感がある。
初期くるりファンとしてはそこが納得が行かない。
ただしこの民謡的うさんくささが4曲目ロックンロールに接続する有機的なつながりは一種のカタルシスであり、そこは評価。

4.ロックンロール★★★☆

ツインギター+「ドラムがちゃんといる」バンドとしてのくるりロックの一つの到達点か。
ツインギターの音の厚さ、「ド#レミ」や「ラシド#」といった上昇音型が、光に包まれて踊っている感じを醸し出している。
また、ギターの回転音型が延々と繰り返されていて、
このようなギターリフの繰り返しもまた、今までのくるりのアルバムにはなかった「アンテナ」特有の特徴だと思われる。
非常にポジティブなサウンドである。ばらの花、ハイウェイ系のポップな明るさ。著者はネガティブなくるりがすきなのだが。
ここにはあのくるり特有の影がない。おなじポップでも「春風」にはそれがあったきがするのだ。

5.Hometown

駄曲と思われる。シゲールはこんなにセンス悪かったか?
女声ボーカルやり過ぎ。そもそもいまどきこんなデュエットはなかろうと思う。ばらの花の女声ボーカルの使い方は好感持てたのにな。
あれは副次的なものだったが、この曲では五島良子と岸田の声が同等の扱いになってしまってる。
椎名林檎のカバーアルバム聴いたときもデュエットはなんだかなあと思ったのを思い出した。
同等に扱われた女声ボーカルがなんか岸田の声のよさをつぶしてしまっている。

6.花火★★★★

第一聴ではRace,Hometown系統のどこの民謡やねん的駄曲と思ったが、これはスルメだった。
繰り返し繰り返し聞くと、クリスのドラムに歌がある(特にシンバルの使い方)し、
0:11-0:36のイントロの禁欲的なコードと音の薄さは、良質のジャズトリオを聴くような感触である。
とくに2:59からのクリスのドラムの手数の多さと乗りの軽さはすばらしい。
椎名林檎3rd8曲目におけるアヒトのドラムを彷彿とさせる。
曲の締め方がとてもシンプルで軽く、このセンスは好きだ。今までのくるりにはなかったタイプのさわやかさである。

7.黒い扉★★☆

岸田いわくこのアルバムの白眉であるが、正直つまらん。正統派を目指しすぎている感じ。
くるりらしいコードがまったくない。遅いわ、コーラスはまともだわ、何がやりたいのか。
突き抜けてくるものが何一つない。自ら箱の中に収まってしまった感じ。
くるりはその箱を突き破ってくる感じがよかったのに、どうしてしまったのか?
1:25→1:27のコード進行(D→G#m7)は美しい。
そして初期くるりファンとしては岸田氏ならばもう一段階展開させていってくれるだろうと思うわけである。
たとえばくるりインディーズ2nd「ファンデリア」5曲目「雨」の1:46-1:48のレ「ドシシ♭」という半音階下降を含むコード進行のような美しさを。
しかし、黒い扉のコード進行はD→G#m7→D→G#m7と2コード進行を2回繰りかえすのみである。
かつてのくるりであれば、2拍目のラ→ソ#の半音階下降を逃さずさらに伴奏のメロディーを作ってくれていたと思うのだ。
昔のくるりはこの半音階の進行をとことんやっていってあの奇妙なコード進行を作っていたのではないか?
「アンテナ」全体で、このような2拍(2つのコード)を繰り返すという傾向がある。
かつてのくるりは繰り返しのパターンがもう少し長かったのではないか?あるいはあまりコードを繰り返さなかったのではないか?
このあたりに、昔からのコアファンが「くるりは単純になってしまった」と感じる原因があるのではないか?

8.花の水鉄砲★★

これまたなぜあのくるりがこれをやる必要があるのかと思う。「どこの民謡やねん」系、これで3曲目。あんまかっこええと思えへん。
でもバンドでみんなで楽しそうにやってる雰囲気はよくわかる。2:28にシゲールの「ヘッ」が入り、とても楽しそうではある。
でも2:16のヘイヘイホーはちょっとついていけない。気持ち悪いのだが、あのくるりの気持ち悪さではない何かなのだ。
あの昔の気持ち悪さは、誰しもが体内に持つ屈折したネガティブなものを増幅させたものだった気がして、俺はそれに共感したものだが、
この曲の気持ち悪さは、わざわざ民謡というダサい方向へ向かって行く意味あるのがあるの? という感じだ、これには共感できない。
くるりにはくるりのオリジナリティーがあったのにそれが消えてしまってる。民謡的コードを使えばだれでも出来そうな感じだ。
かつてのくるりは誰にもまねできないスケールのでかさがあった。

9.バンドワゴン★☆

シゲールソロ。
2:08にもはやアンテナの烙印ともいえる「ヘッ」が入り、2:57にはギターの側板を叩く音が入り、アンテナの特徴たるライブ感を醸し出している。
がしかし、たとえば「春風」に比べてみてコードがあまりに単純で、シゲールにはもっと美しい曲を作る才能があるのに、
それを出し切っていない感じで、歯にものが挟まったみたいな気持ちになる。
例えば、1:05→1:06にかけてDマイナーからDメジャーに変わるところが少し綺麗ではあるが、1:09で元のDマイナーに戻ってしまう。
例のアンテナ特有の「コード進行2つ止め現象」である。
前のくるりならここでさらに違うメジャーコードなり、Dマイナーではないマイナーコードをつなげてきたはずだ。あるいは7thとか。
詩にもとくに魅力を感じない。
「記憶をなくした山羊さん」とか言ってしまうのはちょっとダサくないか。
インディーズ1st「もしもし」2曲目「虹」の「足のもげたクマネズミ 米をくださいと家の言葉通じない」を思い出した。
これは、ちょっとそれは言葉の響きとしてグロテスクだったからか、(だってクマネズミに米だぜ)シングル「虹」ではカットされているのである。
声も弱々しくて、ソロ時代のジョージ・ハリスンみたいになってしまってる感がある。
あの篭もったヴォーカルのパワーがなくなってしまって、小手先で歌っている感じがしてしまう。
「ファンデリア」4曲目「終わりのない夢の中」と同じようなスピードの曲だが、ヴォーカルの魅力の差は歴然である。
あの奥底から溢れ出る表現欲を乗っけた、暗い情熱を内に秘めた声の強さこそが、彼の声の魅力だと思うのに。
アンテナにおいて、岸田の歌がヘタクソだと2chで叩かれるのもその辺が原因なのかもしれない。

10.How To Go (Timeless)★★★☆

最初はつまらんと思ったが、だんだんはまって来た。3人ヴォーカルでハーモニーやってる。
あと頻繁に出てくるギターのずり上げ、なんかシゲールとタッシンと二人して恍惚とやってる姿が浮かんで好きだ。
「東京」とか「虹」とか「尼崎の魚」とかの、かつてのくるりのスケールのでかさが戻ってきた感じ。
最後ライライライと歌っているときにクリスがここぞとばかりに歌いだしついに4人コーラスになるのはカタルシス的盛り上がりである。
実にライブ向き。

総評.★★☆

前期くるりは天才宅録少年シゲールの妄想の爆発(とくにハモリにおいて)であって、
その圧倒的なスケールはとても3人でライブで再現できるものではなかったと思う(クイーン前期と同じく、多重録音ハモリが再現不可能のため)
さて、「アンテナ」におけるくるりはエレクトロニカを経た後ハモリやコードが単純化してしまい、その点で面白くなくなってしまったし、
また、民謡的音階に傾きすぎた嫌いがあり、あまりクールとは思えない(しかし今後この方向性でくるりは進んでいく予感がする)が、
一方で、よりライブ向きの盛り上がりを大切にし、4人で演奏する興奮と幸福を味わう演奏をしており、
そういったダイナミズムが好むロックファンにとっては歓迎すべきアルバムと言えよう。
しかし、純粋に音楽として聴いたとき、やはり「ファンデリア」(★★★★☆)の叙情と雨、
「さよスト」(★★★★★)の緑と電車と青春、「図鑑」(★★★★)の狂気に及ぶものではなかったと思う(チームロック、TWIMは僕にとって論外)。
よって僕の結論としては、アンテナを買うよりは上の3作を揃えるほうが先決ではないか。
くるりという歴史に残りうるバンドの本当の実力は上の三作、
特に、「ファンデリア」の「終わりのない夢の中」「雨」あたりに詰め込まれている気がするのだ。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

7th.788-789 : 名無しのエリー2004.03.30.

1.GOOD MORNING★★★

若い男女が東京に上京してきた歌。歌詞もメロディも悪くないんだけど、「作られた」感がある。
岸田が「こういうのも一曲入れておいた方がバランス良いかな~」って感じで作った気がする。
まあでも良い曲には違いない。

2.MORNING PAPER★★★★

キャッチー。でも飽きは来ない。メロも格好良いし、完全なバンドサウンド。
詞は曲調に合わせてノリで書いた、という感じだが、それも悪くない。

3.RACE★★★★

名曲だと思う。
実際「どこの民謡やねん」なのだが、不自然じゃない。日本的な感じもするし、アジアとかそこら辺の雰囲気も持っている。
歌詞も不気味で良い。

4.ロックンロール★★★★

シングルで最初聴いたときは何がやりたいのかわからん、と思ったけど、これもスルメだった。
本人達も言ってるけど、現在のくるりの集大成。ただメッセージ性というものは薄いか。

5.Home Town★★

はっきり言って今のところわけわからん。安易な気がする。
しかし100回以上聴いたやっと良いと思える事があるのがくるりなので、個人的にまだ評価は保留中である。

6.花火★★★☆

名曲には違いないが、いささか地味過ぎるか。しかし完成度は高い。
終盤のクリスのプレイは最高に格好良い。

7.黒い扉★★★★★

個人的にはこのアルバム内で一番気に入った。
本当に聴いてて飽きないし、8分半あるのにちっとも長く感じない。
タイトルほど不気味さは無い。一見暗そうだが、わりにクリア?だ。

8.花の水鉄砲★★★

ナンバガ風サウンド。悪くないのだが、もう一工夫欲しかった。ちょっと安易?
でもいかにもバンドっぽい音だ。

9.バンドワゴン★★★

これもちょっと安易かなー。歌詞も曲も、コレってフレーズが無い。
悪くはないんだけど。もうちょっと楽しませて欲しい。

10.HOW TO GO★★★★☆

シングルより良くなってる、と思う。わざとらしさが無い。
4人全員の力で作り出された曲だと思う。ひたすら格好良い。
聴き終えた後、また最初から聴き直したくなる。

総評.★★★★

まだ評価を固めるには時期が早すぎる。
ただ、ロックンロールという曲や、メンバーの言動からして
もしかして滅茶苦茶キャッチーな作品を作られてしまうのではないかと心配していたのだが、全く懸念だった。
いつもどおりのスルメアルバム。従来のくるりファンならまず気に入るのでは。
初めて聴くにはどうだろう。やはりチームロック辺りから入った方がいいかもしれない。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

10th.877-879 : 名無しのエリー2005.11.23.

1.Bus To Finsbury★★★

軽快なロックナンバーでスタート。
THANK YOU MY GIRLを今のくるりで焼きなおしたような曲ではあるが、
このアルバムそのものがTHANK YOU MY GIRLのような爽やかさとどこかあっけない感じに満ち溢れているのかもしれない。

2.Baby I Love You★★★★☆

シングル曲。アコースティックで奏でられるくるり渾身のストレート直球のラブソング。サビのコラースがいい。
二曲目にこの曲を持ってくるという変化球には賛否両論か。

3.Superstar(Album Edit)★★★☆

シングル版より音が軽くなったことによりさらに透明感が増した。
耳障りのいいポップソングの中にも、切なさを感じさせてくれる高揚感あふれるくるりのシングルらしい曲。

4.雨上がり★★☆

良くも悪くも捻りのないアコギナンバー。

5.Tonight Is The Night★★★★

どこか、けだるい浮遊感のあふれるサウンドで、一癖ではいかないくるりらしさを感じさせる曲。後半の展開が非常に美しい。
初期のアルバムにあってもおかしくないような曲。

6.Birthday★★★★

シングル曲。当時はシングルとしては地味な感もあったが、この流れで聞くと際立った印象を受ける。
賛否両論のあった女性コーラスもすごくはまっている気がする。このアルバムの中においても爽やかで幸福感を感じさせる曲。

7.お祭りわっしょい★★★★

変態くるりついに現る!といった感じのロックナンバーなのだが、意外と綺麗にまとまっていて聞きやすい。
この曲でさえもこのアルバムにおける一つのアクセントとしてでしかない。

8.冬の亡霊★★★☆

軽快なリズムで疾走感のあるとても小気味いい小品。前作のRaceなどで垣間見せたくるり流民謡の要素を感じる。

9.赤い電車★★★★

シングル曲。
くるりが一時期、傾斜していたピコピコサウンドでアルバム入りを疑問視する声もあったが、
この爽やかなギターポップアルバムにおいても、うまく消化されている印象。
言葉足らずな歌詞とベースラインが本当に素晴らしい。

10.Long Tall Sally★★★☆

イントロからの流れで8曲目のような小品かなと思わせつつ、Aメロ後の転調からの急展開と綺麗な収束のさせかたはまさにくるり。

11.虹色の天使★★★☆

流れるような躍動感のある率直なポップス。シングルカットするとしたらこれかな?

12.Ring Ring Ring!★★★

骨太のリフとギターソロが印象的な曲。このアルバムで一番素直にロックしてる。

13.(It's Only) R'n R Workshop★★★★

ラストを飾るに相応しい囁くような優しいボーカルで歌われる曲。コーラスワークもとてもいい。
Be My Babyよろしくな間奏のSEや詩などから岸田の音楽ヲタっぷりをいい意味で存分に感じとれるし、
このアルバムのコンセプトをあらわしているような曲でもあると思う。

総評.★★★★

ところどころでくるりの変態性を垣間見ることも出来るが、
基本的には、シングルで発売された4曲やCoccoとのコラボのイメージそのままに爽やかで聴きやすいアルバム。
小品であることも否めないが、普遍的で良質なポップスが並んでいます。
全体的にあっさりとした作りになっているので、気づいたら13曲目が終わっていることもしばしば。
くるりの独創性や濃厚な世界観を評価する人には物足りないかもしれないが、万人におすすめしたい良作。
これまでシングルに釣られくるりに興味を持った人に薦めるアルバムとして明確な答えはなかったように思うが、
これからはこのアルバムが無難な選択になるだろう。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

12th.695-699 : 名無しのエリー2006.08.02.

(Disc.1)

1.ワンダーフォーゲル★★★☆

打ち込みとギターの融合がくるりの音楽の幅を示しているであろう、まさに代表曲。
サビの歌詞がひたすら繰り返しなのは、印象的であると同時に、ちょっと物足りない。

2.ばらの花★★★★☆

ひたすら寂しい曲。聴くたびに胸が締め付けられる想いになるのは、さすが。
難癖つけるとしたら、タイトルにあまり意味がないというところか。

3.虹★★★★

原色で描いた抽象画のような歌詞が綴られた、幻想的な雰囲気のメロディ。
音だけに着目すれば、サビは秀逸。

4.ワールズエンド・スーパーノヴァ★★★

流れるようなボーカルの音運びは良い。
クラブサウンドを意識したんだかよくわからない言葉遊びの歌詞が好き嫌いを分けそう。
この手の曲はやはり一時期の傾倒だったからだろうか、音圧が弱い(気がする)。

5.THANK YOU MY GIRL★★

ホール録音のような変なリバーブがかかって聞こえる、ただのギターポップ。
完成度の高い曲に囲まれるとミキシングに失敗したようにしか聞こえない。何故ベストに……。

6.BABY I LOVE YOU★★☆

メリハリがないので、シングルとしては力不足な印象。
歌詞のキモさはくるりの美点だが、この歌に関してはただキモいだけ、って感じもする。

7.ハローグッバイ★★☆

アルバムの終盤にありそうな寂しげな音使いは良い。が、ところどころの効果音の挿入が明らかに雰囲気を壊してる。
これを狙ってやっていたのなら、打ち込み路線は二度とやれないね。

8.春風(Alternative)

非常に、非常に良い曲なんだが、明らかに原曲のほうが優っている……。コーラスがかかりすぎて、情緒がない。
アルバム未収録と言うことでベストの目玉なだけに、非常に残念。

9.ナイトライダー (QURULI ver.)★★

普通の曲としかいいようがない。ドラムがまったく単調なのはつまらんなぁ。
しゃくりあげるようなボーカルのメロディとか、くるりらしくないとも言えないのだが……。

10.リバー★★★★

シングルの中ではすごく目立ってない印象だが、歌詞とメロの一体感はなかなか。
珍しくカントリーっぽいギターとピアノで、面白い。

11.ハイウェイ★★★☆

雰囲気、けだるさがとてもよい。ただ、歌詞が前半は面白いのに中盤はいい加減。
「旅に出る理由はだいたい百個ぐらいある」のに「旅に出る理由なんて何ひとつない」と歌っているのは印象的。

12.飴色の部屋★★★

ギターもドラムもころころ刻む音が変わってる(が全体的にはおおよそ一体感)のが面白い。地味だけど。

13.赤い電車(ver.金沢文庫)★★

多分、CMをよく耳にしていた地域の人じゃないとのれないんじゃないかな、この曲は。
鉄オタじゃないのでバージョン違いもまったくわからん。まぁ、遊び心は大事だと思うよ。

(Disc.2)

1.水中モーター(Jam Remix)★★

面白いリミックスではある。でもベストを聴きたいときに期待している音じゃないな。それだけ。

2.ロックンロール★★★★☆

寂しげな音こそ加わっているが、ミドルテンポの軽快さもある曲。くるりの一側面を代表する曲と言って構わないだろう。
きっちり4分ある曲なのに、いつも短いなぁ、と感じる。

3.東京★★★★

よくある題材の歌詞だが、田舎からの上京とかそういうネタではなくて、独特の情景をうまく出している。
感情を震わせる音と、あまりにもしょっぱいヘボ男の歌詞のシンクロが良い。

4.青い空★★★★★

力強さのまるでない声で絶叫。これが良い。これぞくるり。
葛藤と、もどかしさと、色んな負のオーラが完璧に表現されている、まさに名曲。

5.リボルバー★★★

テンポとリズムが結構気持ちいい。人を選ぶだろうな。カップリングの中ではあたりな方か?

6.男の子と女の子★★

起伏の乏しいメロディーは歌詞が好きじゃないと飽きるだろうな。
ちょっとした意図の見え隠れする歌詞が、俺はあんま好きじゃない。

7.BIRTHDAY★★★★☆

爽やかで涼しげで飄々として、でもちょっともっさりしてる。このぬるさがたまらない。
女性のコーラスとのブレが生み出す効果も、良い。

8.SUPERSTAR★★★

カラオケで歌うと結構気持ちいいんだ。音源としての評価にはならないけど。
間奏が入るタイミングがちょっとたるいんだよな。あと、サビの高音部がイマイチ。

9.尼崎の魚

イントロが奇をてらいすぎ。サビで一瞬持ち直すがメロのムード歌謡ぽさは根本的に合わない。

10.街★★☆

この曲で高音を出してるときは何故か井上陽水っぽく聴こえるんだよなぁ。
ちょっとメリハリのつけ方を間違ってる気がする、残念な曲。
(個人的には街を入れるよりマーチを入れて欲しかった)

11.サンデーモーニング★★

表拍子のスネアが好きな人なら良いかも。全体的にはこれと言った見所もなくイマイチ。
なんか二番のサビでリズムが崩れている気がするが気のせいか???

12.家出娘★★★

確かにくるりっぽい。初めて聴いたがベストに収録されて悪くはない曲。
サウンドトラックっぽいメロディの扱い方をしてるのが、結構印象的。

13.HOW TO GO★★★★

収録アルバムでもラストを飾ったのにまた最後に置かれてるのが、工夫ないなぁ。
歌詞の言葉遊びがガッツリはまっていて良い曲なんだが、間奏は飽きる。
ららららーい。

(Disc.3)

1.怒りのぶるうす

歌詞……? 不協和音系。ちょっとなんとも言えん。

2.GIANT FISH★★★☆

あ、これは良い。
ロックンロールとかとはまたちょっと雰囲気の違ったミドルテンポの曲。ハモリが心地よい。

3.さっきの女の子★★

別にくるりが歌わなくてもどっかで聴けそうな普通のロック。

4.人間通★★★

最後にこんなバカ曲を聴かせるなよw
異世界に飛んでったまま終わる。

総評.★★★☆

アルバムごとに色々やってきたくるりだが、凝縮すると結構雰囲気は統一されてるかな。
シングル全部詰め込まれてるんだから、このぐらいの点数は付けてもいいだろう。
これからくるりのファンになりたい人間なら、買っても損は絶対にしない。
初回版は完全にコアなファン用のオマケ。
音源は大体持ってるんだけどなぁ……っていうレベルのファンには、買うほどの付加価値はないベスト。

(初回限定盤。★:2点,☆:1点の計10点満点。)

15th.194-199 : 名無しのエリー2007.07.05.

1.ハイリゲンシュタッド★★★☆

ストリングスによるインスト。
アルバムで使われてる数曲のストリングストラックをベースの佐藤が編集したものであるがまるで別の曲に生まれ変わる。
雑誌等で散々言われた「ロックとクラシックの融合」という言葉に乗って聴くと不自然さを感じるかも

2.ブレーメン★★★★★

八分の六拍子の曲。今作の核とも言える大傑作。
寓話的な歌詞に国歌のようなメロディと木管楽器と7弦ギターが絡み合う。
NHKの「みんなのうた」で流れても違和感無し

3.ジュビリー★★★★☆

先行シングル曲。ボーカル岸田のブレスからイントロ無しで始まるAメロはインパクト大。
Bメロの後の転調から構成が逆向きになるのがくるりらしい展開。
アウトロのストリングスのアレンジは癒しと真逆の発想で作られている

4.ミリオン・バブルズ・イン・マイ・マインド★★★★

三曲目までの流れを切るミドルロック。岸田のファルセットが良くも悪くも凄い印象に残る曲。
原曲は何年も前から暖めていた曲らしい。ロックなくるりが好きな人には気に入りそうな曲

5.アナーキーインザムジーク★★★★☆

アップなロックチューン。今作で最も癖が強い楽曲。
歌うというか語るようなボーカルにとんでもない所で絡むストリングス。岸田の地元の京都弁で飛んだ歌詞を淡々と歌う。
くるりの変態性が如実に出ている曲

6.レンヴェーグワルツ★★★☆

岸田による弾き語り曲。ロマンチックなラブソング。
アルバムにおける箸休めというかA面とB面を繋ぐ役割なのかなあと感じる良曲

7.恋人の時計★★★★☆

打ち込み曲。冒頭の鳩時計の音色と時計のカチカチという音が耳に残る。
この曲も「みんなのうた」で流れても違和感無しだと思う。「デートの時位時計を外そう」というメッセージが優しい

8.ハム食べたい★★★☆

初期くるりを思わせるシンプルなロックチューン。
ハム食べたいハム食べたいという単純な曲かと思わせて実はハム=女性の比喩というこれまたストレートな曲

9.スラヴ★★★★

バンジョーと7弦ギターが印象的な東欧民謡を思わせる曲。
冒頭の岸田のヨーデルから疾走感溢れたメロディへの展開は聴き応えあり。
こねアルバムの裏テーマ「西欧コンプレックスからの脱却」を一番感じる曲

10.コンチネンタル★★★★

ハイテンポなロックチューン。変拍子のギターリフはいろんな意味で耳に残る。
突き放したような歌詞は音楽界における不平不満なのかも

11.スロウダンス★★★★☆

ポップなフォークロックチューン。
テルミンの音色でカントリーな雰囲気も感じる。歌詞は大人なラブソング。
少し切なさを感じる歌詞に美しいメロディが絡み合い聴き飽きない曲

12.ハヴェルカ★★★★

レコーディングを行ったウィーンにあるカフェの名前。スカをベースにロシア民謡や東欧民謡を混ぜたオリエンタルな楽曲。
覚えやすく高揚感あるメロディはライヴで恐らく盛り上がるだろう

13.言葉はさんかく こころは四角★★★★☆

映画「天然コケッコー」主題歌。
過去に「ハイウェイ」や「家出娘」等映画主題歌を作成したのと共通するシンプルで優しいトラックとメロディの楽曲。
誰かの背中を押してあげようというシチュエーションはくるり18番

14.ブルー・ラヴァー・ブルー★★★☆

初回盤のボーナストラック。フィッシュマンズを連想させるレゲエ曲。
ダブは少なくシンプルなトラック。夏だしこんなのもありかなって感じのゆるゆる曲で良いと思う

総評.★★★★☆

一作毎に様々な姿を見せるバンドなのだが今回のアルバムはいろんな意味で突き抜けたコンセプトで作られてる印象。
クラシック的手法を使った事は大した問題では無くて洋楽へのコンプレックスを抱えた日本のミュージックシーンへの挑戦のようなものを感じる。
成功なのか失敗なのかはリスナー各々の感じかただろうが
今までシーンの中で好きな事をしていたくるりが初めてシーンの先頭にたつ姿勢を見せたという意味で
これからの活動のターニングポイントになる作品であるのは間違いない

(初回盤。★:2点,☆:1点の計10点満点。)

20th.23-24,62-64 : 名無しのエリー2008.11.03.

(Disc.1)

1.ハイリゲンシュタッド

オーケストラのみの演奏。ライブの始まりを告げる。

2.ブレーメン★★★★★☆

「ロックとオーケストラの融合」という言葉に納得させられる一曲。
バンドとオーケストラの噛み合い具合が半端無く素晴らしい。それと、あらきゆうこのドラムには驚かされた。

3.GUILTY★★★

「マイン」より壮大に変化したイメージ。これはこれで良いと思う……。俺は前の方が好きだけど。
ドラムの滝は相変わらずかっこいい。

4.恋人の時計

キレイな曲。眠くなるのであんまり好きじゃない。歌詞についてはまあまあ良いと思う。

5.コンチネンタル★★

イマイチ消化不良な曲。飛ばすこともしばしば……。今までのくるりにあったようなロック曲。

6.春風★★★

ライブならではのギターリフがカッコイイ。曲は長いから中だるみするかも。

7.さよなら春の日★★★☆

日本の民謡のような歌詞とメロディーに、不思議とオーケストラが合う。おもしろい一曲。

8.惑星づくり★★★★☆

「図鑑」でのインストから、格段に昇華された曲。
前の実験的な感じから一変し、壮大で重厚。そして、ギターとオーケストラの協奏の絶妙なバランスがすごく良い。
これ、好きだなぁ。

9.ARMY★★★

社長のベースが良い。歌詞は幻覚を見ているかのような感じ……。
バイオリンのメロディーが悲しい。

10.アナーキー・イン・ムジーク★★★★☆

変態ロックにオーケストラが絡んでくる異質の名曲。これぞくるり。歌詞は意味不明だけど。

11.WORLD'S END SUPER NOVA★★★★★☆

言わずと知れたくるりのダンスナンバー。
オーケストラと合わせることで、打ち込みの要素は低減しているが、やっぱり良い曲だなあ……。
このアルバムの終盤を飾る、文句なしの名曲。

12.ジュビリー★★★★

チオビタドリンクのCMソングとしてお馴染みの曲。優しくも力強く、そして美しい壮大な曲。
「ブレーメン」よりかはオーケストラ色が強めの感じがする。

(Disc.2)

1.夜行列車と烏瓜★★★☆

インディーズ時代の楽曲。ミドルテンポのブルースロックみたいな感じ。
ギターと歌声がだるくて変態。けど、かっこいい。
貴重な音源なので、収録に感謝です。

2.青い空★★★★★

イントロから最後までかっこよすぎ。
岸田の歌声は曲が進むごとに崩れて叫び声に変わっていく。本音ぶつけているよう。これぞくるり。

3.すけべな女の子★★★★☆

またまた貴重な音源の収録。ありがとうございます。
クールでかっこいいなあ。なんかそれしか言えない……。ドラムのあらきゆうこ、最高です。

4.帰り道★★★★☆

これも貴重な音源ですね。本当にありがとうございます。
歌詞がとても印象的。「こんこんからからここんこん」てw
くるりのオルタナは良いよね。かっこいい。

5.ハイウェイ★★★

このアルバムの中ではとってもソフトな曲。
シングル版と印象は結構違うかも。けどこっちの方も良い。歌詞も好きだな。

6.アナーキー・イン・ザ・ムジーク★★☆

当たり前と思いますが、(disc1)よりは全然スカスカな印象。オーケストラが取られたから何だか退廃的に聴こえる。
聞き比べれば面白いと思う。個人的にはイマイチ。

7.ばらの花★★★★★☆

このライブにキーボードはありません。いままでの流れから一変、優しいギターが漂います。
どんなシンプルな構成でも、やっぱり名曲は名曲なんだな。これ、すごく好きだ。

8.宿はなし★★★

どこからかノスタルジアが漂ってくる曲。夕暮れ時に聴いたら必ず、家に帰りたくなる。
これは音楽の教科書に載りそうw

9.東京★★★★★☆

これまた郷愁感たっぷりのくるりを代表する名曲。岸田の歌声から悲痛や孤独がひしひしと伝わってきます。
生のライブで聴きたかったな。

10.モノノケ姫★★★★☆

くるりならではの変態ギターが炸裂するロックチューン。
すごくスピードと勢いがある。どこかにぶっ飛ばされそうなほど。まさにジェットコースターだな。

総評.★★★★

岸田繁と佐藤征史の2人組からなるくるり。これは初のライブベストアルバム。
(disc1)はパシフィコ横浜の国立大ホールで行われたライブの模様が収録されている。
彼らはこのライブで「ウィーン・アンバサーデ・オーケストラ」との貴重な共演を果たした。
(disc2)は京都・磔磔で行われたライブの模様が収録されている。
後に彼らは、これらのライブを収録したライブDVD「横浜ウインナー」を発売した。
オーケストラとの共演では今までのくるりに無かった一面を見ることが出来た。
うって変わって磔磔でのライブはくるりの変態ロック炸裂の痛快なアルバムだった。
ロック、オルタナ、エレクトロニカ、ダンス、そしてクラシックとの融合……。
くるりは変わりつつあるんじゃなくて、色んなジャンルをその都度、その都度に飲み込んでいっているように思えた。
このライブアルバムは、今では聴けないような初期の音源もある程度収録されている。いいアルバムだったと思う。

(★:2点,☆:1点の計10点(?)満点。)

28th.153-155 : 名無しのエリー2016.06.04.

1.LV45★★☆

少しづつアルバムの世界観に引き込んでいく、淡々としたオープニングナンバー。
10曲目までの全曲に言えることだが、全編通して抜けのなくどんよりとした奇妙な雰囲気が漂っている。
タイトルは3rd「TEAM ROCK」収録の「LV30」に掛けたものだろうが、歌詞はそれとは違い雰囲気重視でファンタジックな印象を受ける。
最後の一文の繰り返しがぶつ切れて次曲に繋がるギミックは格好良い。

2.愉快なピーナッツ★★★★

シングル曲。にして現在2011年以前発表の曲で唯一のベストに収録されていないシングル。
くるりのシングル曲としてはかなり地味な部類に入るので、その措置も仕方ないと言えば仕方ない。
前曲に引き続きローな空気を引きずって淡々と進む曲。
メロディはポップで優しいものの、歌詞がなんか暗いというか、どうにも出来ないどんずまった感じ。
そのおかげか、どうしようもないやるせなさのようなものが曲全体を覆っているような気がする。
展開にあまり起伏が無いのもそれを加速。

3.太陽のブルース★★★

チオビタとタイアップしてた曲。夏の茹だる暑さを感じさせるどっしりとしたロックナンバー。
ゆっくりと盛り上がっていく演奏+メロディは壮大で広がりを感じさせるが、やっぱり歌詞がやたら暗い。

4.夜汽車★★

軽快なピアノが先導するお洒落なジャズっぽい曲。シンプルでこじんまりとした演奏。
シチュエーション的には「グッドモーニング」に似た歌詞だが、受ける印象はやはりファンタジックで空想的。

5.リルレロ★☆

「NIKKI」からのアルバムに一曲は入ってる気がする、くるり流ハードロックな曲。
歌詞は言葉遊びに徹しており、曲としては大したことない曲だが流れ的には必要か。

6.つらいことばかり★★☆

ひねくれたピアノのフレーズが印象的な曲。
「つらいことばかり」と言いつつどこかあっけらかんとした空気を漂わせるメロディに演奏。あと歌い方がなんか変。

7.さよならリグレット★★☆

シングル曲。ピアノ中心で奏でられる、優しい雰囲気の曲。
メロディはまさに岸田の書く歌謡曲って感じ。「魔法のじゅうたん」とかの系譜か。

8.かごの中のジョニー★★★☆

「三日月」のカップリング。7分以上あるこのアルバムの収録曲で最長の曲。
ピアノにバイオリンと様々な楽器が跳ねまわる賑やかな演奏はどこか架空の楽隊っぽい雰囲気。
歌詞の意味不明・ファンタジック加減はここでピークに。
楽器隊がフリーダムに動き回る長いカオスなアウトロがこのアルバムの空気を象徴してるような気がしないでもない。

9.Natsuno★★★☆

格好良いギターリフから始まる、ポップで明るいギターロック。
この曲までずっと奇妙な雰囲気の曲が続いていたので、流れで聴くとこの何の衒いも無いポップさに救われる。
地味にくるり全曲の中でもこういうストレートに明るいギターロックは珍しい気がする。「THANK YOU MY GIRL」くらい?

10.デルタ★★

ピアノ中心のゆったりとしたバラード的な曲。歌詞がやっぱり空想的。
メロディは美しいが、やはり次曲のためにある曲という感じがする。

11.魂のゆくえ★★☆

タイトルナンバー。明らかにここまでの10曲の流れはこの曲のためにあったのが分かる配置。
晴れやかな演奏にメロディ、希望を感じさせる歌詞だが、カタルシスを感じさせるにはちょっと弱いか。
終盤、サビのコード進行が変わってからの展開はとても好き。

12.べべブ★★★

跳ねるようなリズムで進むノリの良い60年代っぽいロック。
まさに夏っぽい、情景描写が綺麗な歌詞も良い。

13.背骨★★★

6分かけて進むどっしりしたロック。「アンテナ」期を思わせる骨太なロックだが演奏は良い意味でルーズ。
歌詞はやっぱりよく分からない。ついでに言うとなんでこれがラストにあるのかも分からない。
「魂のゆくえ」で本編は終わって、「べべブ」とこれは本編の余韻を10分かけて味わってる感じか。

14.三日月 <BONUS TRACK>★★

最後にもう一曲。シングル曲でタイアップ曲。
優しくしっとりとしたメロディはラストには合ってるが、雰囲気的にはやっぱちょっとズレてる気がする。

総評.★★★☆

ロックバンドくるりの8thアルバム。2009年発表。
正直言って多分くるりの中でも群を抜いて地味なアルバムだと思うし、
「ワルツを踊れ」~「横濱ウィンナー」からの流れで期待値が上がっていた当時のファンが肩透かしを喰らったであろうことは想像に難くない。
しかしどこか空想的で奇妙な雰囲気、ピアノ中心の洒落た音作り(三柴理さんが参加)などは
くるりのアルバムの中でも異質なもので、魅力的なものだと思う。ついでに言うと地味さもこのアルバムの魅力。
ただやっぱりコンセプトアルバムと言うには世界観の構築が今ひとつだと思うし
(そもそもノーコンセプトで作られたアルバムみたいだけど、それにしては結構曲順がちゃんとしてる)、
単体で聴くにはあまりに曲がシンプルだしで、微妙なアルバムであるという評価を下されるのも仕方ないと思う。
流石に「アンテナ」までと比べるのは酷だし……。
余談ながら筆者がくるりを初めて聴いたアルバムがこれ。個人的な贔屓目を入れてこの点数。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

28th.143-149,160 : 名無しのエリー2016.06.02.

(Disc.1)

1.東京レレレのレ★★

発売当時(2010年)での新曲。後に「言葉にならない、笑顔を見せてくれよ」に収録。
エセ民謡的な一曲。正直ダサい。終盤で泣きメロに移行するのが岸田らしい。

2.尼崎の魚★★★

ここから1st「さよならストレンジャー」期。「東京」のカップリング曲。
妙ちくりんなギターリフのイントロ→昭和歌謡→ギターロック→テンポが倍になってハードロック→元に戻って昭和歌謡、
と目まぐるしくジャンルを行き来する4分半。
この気持ち悪い躁鬱加減はまさに最初期のくるりを体現してる。ベストに入ったのも頷ける怪曲。

3.ラブソング★★★★

打って変わって淡々に刻むブリッジミュートとSEが優しい、美しいメロディの曲。
それでいて混沌とした間奏など、初期くるりらしい要素も忘れない佳曲。
「愛って何?歌にして分かるの?」の一文はくるり随一のキラーフレーズだと思う。

4.りんご飴★★☆

「虹」のカップリング。後にアルバムにも収録。
アコギ+ピアノで弾き語られる、のんびりしたカントリーっぽいフォーク。嫌いじゃない。

5.ハロー・スワロー★★

「虹」のカップリング。チェンバロのフレーズが軸になっているまたもや昭和歌謡的な曲。
いきなり転調したり美メロになったり全く別の曲調になったり。どうにも扱いに困る一曲。

6.サンデー・モーニング★★★☆

ここから2nd「図鑑」期。「青い空」のカップリング。
今までの流れから打って変わって超分かりやすい快活なギターポップ。
サビの耳に残るメロディは流石というか。そしてドラムが全体的に凄くいい。

7.ガロン★★★

「青い空」のカップリング。後にアルバムにもSUPERCARのナカコーリミックスで収録。
メロディはポップなものの、かなり実験的で取っ付きにくい一曲。やりたい放題。ドレミファインバータ出てくるし。
ある意味「図鑑」での音響路線を体現してる曲だと思うし、今後の打ち込み路線の萌芽を既に感じさせる曲であるが……。
アルバム版とこっち、どっちが良いかは完全に好みの問題になると思う。筆者はアルバム版の方が好き。

8.台風★★★★

「街」のカップリング。正直表題曲より好き。
「サティを意識した」らしい岸田のピアノが良い意味で曲に不安定さを与えているし、メロディもポップながらひねくれていて最高。
そしてアウトロのピアノが非常に美しい。

9.ギター★★★☆

「春風」のカップリング。
タイトル通りアコギの弾き語り+αで進む曲。中盤にサンプリングのコラージュが挟まれている。
とにかくギターのコードの響きが綺麗だし、どことなく狂気の潜んでいる感じがたまらない。良い曲。

10.サマースナイパー★★☆

ここから3rd「TEAM ROCK」期。「ワンダーフォーゲル」のカップリング。
表題曲のキャッチーさ+打ち込み成分が嘘かのような、フォークっぽいじめじめした薄暗い曲。
これをワンダーフォーゲルと並べようと思ったのは凄いが、曲としてはあんまり。

11.ノッチ5555★★★★

「ワンダーフォーゲル」の初回限定盤にのみ収録のカップリング。
ごめんなさいこういうの超好き。かなり爽やかでキャッチーなメロディのギターロック。
並のバンドだったら多分これをシングルで切ってるはず。切なさを伴って疾走する感じがすごいストライク。
ただくるりらしくはない。爽やかすぎる。

12.青写真★★★☆

「ばらの花」のカップリング。
歪んだギターノイズと途中挿入される語りが印象的な、清涼感のある曲。確か「ジザメリを意識した」とどこかで言っていたはず。
どんどん歪んだギターがボリュームを上げていく後半がとてもいい。擦り切れるような切なさがある。

13.イメージファイト★★☆

「ばらの花」のカップリング。
ハードロック的な格好良いギターリフが延々繰り返され、その上に加工された意味不明な語りが乗っかる。
紛うことなき怪曲。まあ聴こうと思っては聴かない。

14.リボルバー★★★☆

「リバー」のカップリング。
11と似た疾走ギターロック。ただこちらは恐らく意図的に、不安定な雰囲気が漂っている。
ちょっと意表を突く感じになっているサビのメロディが耳に残る。

15.リコシェ★★★☆

「リバー」のカップリング。環境音+弾き語り。
環境音が耳に優しく、そしてサビのメロディがとても美しい。まったり。

16.踊りませんか次の駅まで★★★

ここから4th「THE WORLD IS MINE」期。といってもリミックスなどは今作に収録されていないので2曲のみ。
「男の子と女の子」のカップリング。
何故かウェスタンな感じの賑やかなカントリーミュージック。

17.ハローグッバイ★★★☆

「男の子と女の子」のカップリング。正直表題曲より好き。
メロディの美しい叙情的な打ち込み+ロックな曲。
絶えずバックで流れる水音など、この時期特有の音響的な要素も取り入れつつ、サビはストレートで雄大なギターロック。
「ハローグッバイ」のコーラスが印象的。そして終わり方が滅茶苦茶好き。

(Disc.2)

1.地下鉄★★★★☆

ここから5th「アンテナ」期。「HOW TO GO」のカップリング。何故かこれと次曲だけ収録順が逆転。
どことなく洋楽っぽいロック。4分過ぎてからの展開がとても良い。
歌詞も「東京」などとはまた違った叙情感、青い感じがあって素敵。

2.すけべな女の子★★★★☆

「HOW TO GO」のカップリング。
この曲は前からライブでは披露されていたみたいでこの時期になって初音源化。
どこまでも広がる夕暮れを想起させる、疾走感があり、かつスケールも感じさせる佳曲。

3.さよなら春の日★★

「ロックンロール」のカップリング。民謡っぽい。としか言いようがない。
「アンテナ」のこういう民謡的な曲はそれでも印象に残るパートがどこかしらあったと思うけど、この曲はひたすら印象薄。

4.真夏の雨★★

ここから6th「NIKKI」期。「BIRTHDAY」のカップリング。
7分を超える淡々とした曲。前曲と並んで印象薄。

5.帰り道★★★★

「Superstar」のカップリング。力強いドラムと刻まれるギター、ベースが格好良いオルタナな曲。
「こんこんからからここんこん」という歌詞がまた面白い。
こういう骨太なロックはやっぱり「アンテナ」を通過しないと作りえなかったと思う。

6.真昼の人魚★★

「Superstar」のカップリング。
イタリアの民謡を思い起こさせる(しかしメロディは歌謡的)、ギター+弦楽器という構成ののんびりした曲。

7.The Veranda★★

「Baby I Love You」のカップリング。アルバム曲にありそうな落ち着いた雰囲気の曲。
ちょっとメロディが単調すぎる。

8.ヘイ!マイマイ!!★★★☆

ここから7th「ワルツを踊れ Tanz Walter」期。「JUBILEE」のカップリング。
ギターリフが面白い、どことなくヨーロッパ民謡的っぽいリズムの曲。妙に高いオクターブで苦しそうに歌う岸田がまた面白い。
アルバムで聴くとここまで落ち着いた雰囲気の曲が続いたので良いアクセントになってる。

9.ベーコン&エッグ BACON AND EGG★★★★

「ワルツを踊れ Tanz Walter」iTMS限定予約特典の曲。
「ノッチ5555」や「ブルー・ラヴァー・ブルー」も勿論そうだけど、なんでこういう佳曲はちゃんと発表しないのか……。
というわけで普通にリリースされていてもおかしくない、クオリティの高い佳曲。
「ハム食べたい」と同路線な感じ。まったりしつつしっかりとメロディも立っている。

10.WIEN 5★★☆

「言葉はさんかく こころは四角」のカップリング。Salyuがゲストボーカルで参加。
暗い。それに尽きる。多分くるりで一番暗い曲。
このどんよりした空気を表現出来るのは凄いと思う。

11.BLUE NAKED BLUE★★★

「言葉はさんかく こころは四角」のカップリング。ベースの佐藤さんがリードボーカル。
はっちゃけたギターフレーズと初期くるりっぽいコーラスが印象的な快活な曲。
途中の語りは何なんだ。

12.京都の大学生★★☆

ここから8th「魂のゆくえ」期。「さよならリグレット」のカップリング。
ピアノが先導する、ジャジーな一曲。
確かに洒脱な感じで京都っぽい(関東民の感想)。歌詞も京都弁だし。

13.pray★★★

「さよならリグレット」のカップリング。「NIKKI」期を思わせる優しく綺麗なメロディのロック。
嫌いではない。

14.かごの中のジョニー★★★★

「三日月」のカップリング。アルバムにも収録。
「魂のゆくえ」に奇妙な雰囲気が漂っているのはこれによるものが大きいのではないかと思う。
弦楽器なども入っているが、「ワルツを踊れ」期の曲とは印象が異なりテイストは無国籍。
お洒落でポップなメロディながら(初期とは別の意味で)掴みどころのない雰囲気はなかなか他の曲にはなく個性的。

15.夢の中★★★★

「三日月」のカップリング。BO GUMBOSのカバー。筆者はこれで初聴。
まったりしたリズムが心地よく、メロディも耳に残る良い曲。
後半に向けてどんどん盛り上がっていくのがまた良い。ラストの岸田の叫びが胸を打つ。

16.丸顔★★☆

「愉快なピーナッツ」のカップリング。
最近のくるりがたまにやってるハードロック的な曲。どうにも印象薄。

17.かもめはかもめ★★★★☆

「愉快なピーナッツ」のカップリング。
ちょっとだけファンクっぽい感じもある、ノリの良い曲。ベースが動く動く。
あからさまに美メロって感じではないけど、この淡々と情感を表現する感じは個人的に凄く好き。
ピアノが時々意図的に音を外しているのがまた良い。そしてこの曲のギターフレーズはやたらと格好良い。

総評.★★★☆

ロックバンドくるりの2010年までのカップリングベスト。
曲のクオリティにはばらつきがあるし、キャリアを総括出来るかと言われると首を傾げたくなる。
それでも「尼崎の魚」「すけべな女の子」など、くるりを語る上では外せない曲が幾つか入っているのは間違いない。
ある程度くるりの曲を聴いてから聴くのがおすすめ。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

24th.105-107 : 名無しのエリー2010.09.24.

1.無題

しんみりとしたギターにのせて「言葉にならない、笑顔を見せてくれよ」と言うだけの小曲

2.さよならアメリカ★★★

『アンテナ』期のくるりを髣髴とさせるよなミドルテンポのバラード。
あのころに比べると日本風のメロディが、肩の力の抜け具合を感じさせる。
いわゆる日本のロックバンドらしく、アメリカのカントリーとかホワイトブルースなサウンドを上手く和のメロディに合わせてる
歌詞は反米を謳っており、くるりにしてはめずらしく分かりやすく政治色が強い

3.東京レレレのレ★★★★

今春に発売されたカップリングベストに新曲として収録された曲。沖縄民謡のリズムを取り入れた曲
でも音階は沖縄のそれとは違う。「レ」の音はないしね。しかし、前曲からの流れはもしかして普天間問題に影響受けた?
シンプルだけどくせになります

4.目玉のおやじ★★☆

くるりにたまにあるHRの影響を受けたような曲。単調なユニゾンのギターリフがぐいぐい引っ張る
サビは言葉にはしづらいけど、いかにもくるりといった感じのサウンド。ちょっとインパクトに欠けるかな

5.温泉★★★★★

これまたずいぶん肩の力が抜けた曲だなぁ。サビの歌詞が「はぁ~あちちのち~」だもんね
でもいい曲です。本当にシンプル、初期サニーデイサービス好きな人とか絶対気に入るんじゃないかな。
前々作くらいからあったくるり流チェンバーポップの究極系ですかね。2分30秒っていう短さもぴったり

6.魔法のじゅうたん★★★☆

先行シングル。ど真ん中直球のラブソング。マイナーなアルベジオとかちょっとファズかかったギターとか、スピッツみたい
まぁここまで臭いメロディを草野は絶対書かないけどね。くるりがこういう曲を歌うとは思いませんでした
可もなく不可もなく。だけど結構耳には残ります。岸田って職業作曲家になっても面白いかも

7.シャツを洗えば★★★★★

雑誌という形態でリリースされたユーミンとのコラボシングル。これはくるり史上最高の曲です
もろブラーのパークライフなイントロ、T Rexを髣髴させるブギなリズム、ユーミン節のさわやかなサビ、小さな幸せにあふれた歌詞。
すべてが個人的にどツボ ユーミンとの異色なコラボがここまでの素晴らしい化学反応を起こすとは。
しかし岸田は歌詞に切ない風味の味付けをするのが上手い

8.コンバットダンス★★★★

これは・・・もろサザンじゃないですか。独特のシャッフルしたリズム、巻き舌の歌唱法、韻を踏んだ歌詞・・・歌い方まで真似してるしw
90年代のサザンってこういう曲が必ずアルバムに一曲あったね。
と思ったらサビはいつものくるりだし、後半サイケみたいになるし、意味が分からん
とてもくせになる曲です

9.FIRE★★★☆

前曲がサザンならこっちは何から何までティンパンアレー。なんか細野さんっぽいボーカルだし
まぁ面白いです

10.犬とベイビー★★☆

前々作『ワルツを踊れ』の収録曲っぽいなぁと思ってたら、案の定その頃作られた曲らしい
Aメロがヨーロッパの童謡みたいですもんね。
でもあの頃と違うのはそのシンプルさ わかりやすい展開、わかりやすいサビ、サウンドもガレージだし

11.石、転がっといたらええやん★★★

これは最近流行りのボウディーズに影響を受けたのでしょうか。50年代のオリジナルロックンロールのパロディともいえるような曲
タイトルからしてそうだしね。
まぁしかし、こういうのやるのにはボーカルが弱い気が・・・桑田とかROYとかが歌えばそうとうかっこいいはず

12.麦茶★★★

本人はこれが一番のお気に入り曲らしい。正直地味だなぁ。これといったインパクトのない普通のロックソングといった感じ
『アンテナ』のころはこういう曲でも、何かしらの引っ掛かりを感じさせたんだけど

総評.★★★★☆

くるり9枚目のアルバム。今までのくるりからは信じられないほど肩の力が抜けた曲が揃ってます。
シンプルに良い曲なぁと思う曲が詰まってて個人的には大好きなアルバム
ただ初期のイラついてた時期とか、中期の洋楽とリンクした音楽性を追求してた頃が好きな人は、退屈に感じちゃうかも
ミュージックマガジンでは『ソウルフラワーユニオン』に接近したなんて書かれてましたが、
まぁ確かにその影響も感じなくもないけど、もっとわかりやすいです。
どちらかというとユーミンとかサザンとかそういう大衆系ポップスに近づいたのでは
なんにせよとてもいいアルバムなので、よかったら聞いてみてください

(★:2点,☆:1点の計10点満点。tr.1は星評価なし。)

27th.90-92 : 名無しのエリー2012.10.26.

1.white out (heavy metal)★★★

メタリカみたいなリフに乗せて岸田がぶつぶつ歌ってる。
別にheavy metalって感じではない。むしろグランジっぽい

2.chili pepper japons★★★

1分半の小曲。
スラブ民謡風のメロディに乗せて早口でまくしたてているが、その内容も日本の唐辛子類について歌ってるだけ
まぁお遊びにしては良くできてる気がする

3.everybody feels the same★★★☆

これは比較的くるりっぽい、ビートロック。音に今までにない重みがあるのは新メンバーのおかげか
こういうオールドな感じのやらせたら上手いバンド

4.taurus★★☆

最近のくるりによくあるチェンパーポップ。まぁ可もなく不可もなく

5.pluto★★

1分弱のインスト。コーネリアスみたい

6.crab, reactor, future★★★

80年代MTV風なポップロックで始まったかと思えば、ディランのオマージュに移行する良くわからん曲
まぁこういうパロディみたいなの得意だよね

7.dog★★

これまたチェンバーポップ。ちょっとメロディが弱い気がする

8.soma★★☆

山本精一の羅針盤を意識したであろう、ジャパニーズシューゲイザー

9.o.A.o★★

名曲「ばらの花」に似たイントロ、でも曲自体は歌謡フォーク。相変らずパンチに欠ける

10.argentina★★★★

アルゼンチンの首都では丸ノ内線の車両が走ってるらしい、そんなプチ情報のナレーションから始まる曲だがこれまた凄い歌謡曲
聴いてて笑っちゃうくらいのコッテコテぷりはもはや清々しい。これくらい吹っ切れてるの9mmとくるりくらい

11.falling★★★

イントロがスピッツの曲まんまなのはご愛嬌だが、中々疾走感があって良い曲ではないですかな

12.dancing shoes★★★★

裏打ちのドラムが気持ちいい。そして曲はラルクの疾走系。幅広い

13.china dress★★★

中国語のピアノバラード。それっぽさが良く出てる

14.my sunrise★★★☆

今度は北欧風のお洒落なポップス。悪くないね

15.bumblebee★★☆

これはソウルかな。小気味良いけど、岸田には合ってないんだな

16.jumbo★★★☆

一転して一時期流行った4つ打ちのダンスロック。
キラキラしてるんだけど、途中でサティスファクションのリフが入ったりしてて面白い

17.沈丁花★★★

今度はほぼギターとチェロだけの弾き語りになった。もうお腹いっぱい。
でも岸田が作るこういう曲はあまり外さない

18.のぞみ1号★★★☆

詰め込んで歌う感じ、もろ吉田拓郎。
でも曲が出す雰囲気はおしゃれなバー。中々良くできた曲だわ

19.glory days★★★★

ここまで色んなジャンルの曲聞かされてくたくたなのに、最後は7分半もある大作
このアルバムのラストにふさわしい壮大なロックンロール。
最後には今までのくるりの名曲のフレーズが出てきてアルバムコンセプトを象徴してるともいえる

総評.★★★☆

くるりが10枚目にだしてきたのは節目としてふさわしい、今までの音楽遍歴を振り返るような超大作
思えばくるりってアルバム毎に様々なコンセプトを打ち出してきて、結構ころころと印象が変わるバンドだった。まぁ最近はそんなでもないけど
このアルバムはとにかく雑多。グランジありテクノありフォークあり歌謡曲あり。今までやってきた音楽を思いつくくままにぶち込んだ感じ
凄いくるりらしくていいアルバムだと思うけど、ちょっと曲自体にパンチがかけるのが多いかな
ただまさに「坩堝の電圧」な雑多性は聴いてて飽きることは無いと思います

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

27th.495-498 : 名無しのエリー2014.12.13.

1.2034★★★★

アルバムのイントロダクション的な短いインスト。と思いきや4分ある。
ブレイクビーツとハープの音が曲を先導していき、徐々に音が重なっていく曲。なんとなく映画音楽っぽい。
個人的にくるりのインストは良曲が多いと思う。この曲も然り。
ラストはバンドサウンドに切り替わり、格好良い盛り上がりを見せる。

2.日本海★★★☆

前曲からシームレスに繋がる、エキセントリックなシンセのリフが印象的な曲。
メロディはすごく無国籍的。ファンファンのトランペットがその無国籍感を更に加速させる。
少なくとも日本海って感じではない。いやでも言われてみたら確かに日本海って感じもする。
なんとなく混沌とした感じが初期を思わせる。

3.浜辺にて★★★☆

シタールっぽいギターがまたもや無国籍感を醸し出す曲。
祝祭的なトランペットに聖歌みたいな分厚いコーラスが重なる間奏もなかなかに混沌としてる。
ストイックなドラムと終始這うようなベースが絶えず緊張感を出している。
この緊張感はちょっと「アンテナ」っぽい。それよりは緩いけど。

4.ロックンロール・ハネムーン★★★★★

先行配信曲。この曲のジャンルは何だろう…? とりあえずロックンロールではない。
なんというか、エレピとトランペットが大人っぽい、お洒落なポップ。若干AORっぽい?
それでいて細かい部分での音遊びは忘れていないという粋な曲。最後の展開はなんちゃって無限音階?
個人的にはくるりの新境地を感じた。岸田こういう曲も書けるんや、と。

5.Liberty & Gravity★★★★★

Twitterとかで「変な曲」という売りで話題になってたリードトラック。確かに変な曲ではある。
インド音楽みたいなイントロから二転三転する曲調や何食ってりゃこんなん思いつくんだろうと思うようなメロディとか。
特に岸田のボーカルはここ数年では最高レベルに飛んでる。だけども受ける印象は非常にポップ。
確かに変な曲なんだけど、その変さがいいフックになっているというか、メロディは基本的にポップだし、
その上でのアレンジの変さがかなりの中毒性を生み出していると思う。まさにキャッチー。
個人的にこの曲聴いてくるり見直した。ていうか何でこの曲先行シングルにしなかったんだろう…。
ライナーノーツで「この曲が受け入れてもらえるか心配だった」みたいなこと言ってるけどまさかくるりがそんなことを言うとは…。
ちなみにアルバム「NIKKI」にこれと似たような曲(プログレ的展開、ブレイクの仕方)「Long Tall Sally」が収録されており、
そっちの方が全然変な曲です。

6.しゃぼんがぼんぼん★★☆

最近のくるりのアルバムに一つは収録されているハードロックな曲。
サビの「しゃぼんがぼんぼんしゃぼんがぼん」が面白い。

7.loveless (album edit)★★★☆

メロディが良い曲。アレンジは違えどメロディは「魔法のじゅうたん」路線。
まったりだけどオールドロックしていて良い曲だと思います。

8.Remember me★★★★

先行シングル。メロディが良い曲。
ストリングスが被されているが、あまり効果的な使い方ではないと思う。単なるバラード的な使い方というか。
何しろくるりには「ワルツを踊れ」があるため、こちらは「ブレーメン」とか「ジュビリー」とかみたいな使い方を期待してしまう訳で。
本当にメロディ自体は良い(ので高評価)。ただ、手癖で作っている感というか、最近のくるりだなぁ、という感想しか浮かばない…。

9.遙かなるリスボン★★★☆

イタリアの橋の上で演奏されてるような曲(説明し辛い)。そういえばこういう曲調なんて言うんだろう…
使用されている楽器はアコーディオン、アコギなど。
とりあえずやってみたという感じなのは初期っぽくて評価。

10.Brose & Butter★★★★

四つ打ちで淡々と進んでいく、ジャンル不明な不思議な雰囲気の曲。
これは割と洋楽っぽいメロディ。サビはいつものくるりっぽいけど。
これはスルメっぽい気がする。随所随所で音遊びしていて聴いていて面白い曲。

11.Amamoyo★★★★

前々作あたりからアルバムに収録されるようになってきた、くるり流ソウル・ファンク的な曲。
ベース佐藤氏作詞作曲。そのためかベースが動きに動きまくっている。ワウギターも格好良くて4曲目とは違う方向性でアダルティな曲。
佐藤さんももっと曲書けば良いと思うんだよなぁ…。

12.最後のメリークリスマス <album edit>★★★★☆

先行シングル。アコギが曲を先導する、軽やかで華やかな曲。
最近のくるりお得意のチェンバーポップ。しかししっかりと作り込まれている印象がある。
何しろこの楽しくなってかつ切なくなるようなメロディはすごい。NIKKIあたりの岸田が帰ってきた感じ。

13.メェメェ★★☆

トランペットのファンファン作曲の本当に短いインタールード的なインスト。
日本海のリフが最後にちょっと出てくる。

14.There is (always light)★★★☆

アルバム最終曲。にしてこのアルバム随一にロックしている曲。
しかしAメロBメロまで穏やかに、かつ少しずつ盛り上がっていくようなメロディ運びをしてるだけに、
サビで繰り返しだけのメロディになってしまうのは本当に惜しい…。
最終曲だけどこのアルバムをまとめ切れているかは疑問。でも確かに歌詞のメッセージ的にこの曲は最後に配置するしかないと思う。
ちなみに京都音博でレイ・ハラカミさんと佐久間正英さんに捧げられた曲。

総評.★★★☆

筆者は初期厨の新参です。
曲ごとにジャンルや国が変わっていく、音楽を渡り歩く短篇集的なアルバムという売りで出されたくるりの11thアルバム。
とりあえず「ロックンロール・ハネムーン」と「Liberty & Gravity」が飛び抜けて素晴らしい。
全体的には混沌としていてまとまりがなく、しかし似通った雰囲気の曲が多い。もしかして過渡期か。
個人的には「坩堝の電圧」が久しぶりにくるりが凄まじいの作ってきたという感じだったのでそれよりは少し下がるかなと。
でも節々でくるりの新境地を感じさせてくる面白いアルバムだと思う。
ちなみにライナーノーツをタナソーが書いてます。必読。何を思って書かせたかは知らないけど色んな意味で凄まじい内容になってます。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)