* アーティスト名 : ぐるーぷ・いのう

19th.30-31 : 名無しのエリー2008.08.08.

1.STATUS★★★

まず冒頭のフリーすぎるラップにビビる。
これはこのアルバム全体に言えることなんだけれども全体的にリズムトラックの音が薄いです。
つかみとしては最適な曲だと思う。後半の盛り上がりがいいね。
リリック(というより歌詞)は特に意味もないような感じなので気にしなくていいです(「それ貸衣装か?」って訊かれても…)。
「パラボラ デラ マラ…」で始まるフレーズは「FAN」収録曲「QUEST」にも引用されてます。

2.ROD★★★☆

神奈川、横浜を遠く離れて相模原の山奥。そこには街を一望できる夜景の穴場があって、その横には何かの貯水池。
そこから街を見下ろしてたら走っていく救急車。募る不安。街の光と月光を反射して貯水池が怪しく光っている。木立。逆光。陰。
そんな感じの曲。

3.COIN★★★★

これはリズムトラックも音が厚くて安心してノれます。
冒頭の百鬼夜行から目茶苦茶な歌詞だが、後半に行くにつれて支離滅裂度が高くなります。しかも下ネタ多し。
曲は盛り上がり、メロディーともに聴く人のツボを押さえた出来です。
ころころ変わるリズム、先の読めない展開、といった材料が揃っていて飽きずに聴くことができる。
最後のフレーズが突き刺さる。

4.PR★★★★★

一分半程度の小曲だが、間違いなくgroup_inou屈指の名曲。ライブでもよくやるらしいです。
「ちょっと大きいミニうさぎ ちょっと大きいミニうさぎ ちょっと大きいミニうさぎ 不思議ちゃんは絶対名器」

5.STATUS(LOSS VERSION)★★★

一曲目のアレンジ違い。でも別の曲と化している。最後の締めとしてはいいんじゃないでしょうか。
中盤で一番の盛り上がりが来るのはいいんだけれども最後に盛り下がってるところがちょっと頂けない。

総評.★★★☆

シングル「BPA」発売後に発表したミニアルバム。本当はリミックスアルバム「system kitchen」と対になってるんだけれど未入手。
で、一曲目のレビューに書いた通り全体的に音が薄いです。
あと歌詞の下ネタ度は「FAN」より高めです。「FAN」は隠喩が多いですがこれは「ペニス」とか直接出てきちゃいます。
五つ星とは言えない音質でもあるのでこの点数。でも曲自体の完成度は高めなので、「FAN」が気に入った方なら買っちゃって大丈夫です。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

18th.120-123 : 名無しのエリー2008.05.28.

1.QUEST★★★★

電子音の重なりが奏でるメロディアスなメロディにいろんな意味で個性的なラップが乗る。
とにかくユニークな世界観のリリックの中には「俺達group_inouです」というフレーズもあるが、
「すごいぜ俺達」的な表現はなく、それ以上の自己紹介はない。それが逆にこのユニットの特徴をうまく伝えられていると思う。
つかみとして最高の出来。最後はあっさり終わる。

2.LISTEN★☆

中盤のフレーズの繰り返しがしつこいかな…ダラーっとした出来。
後半に出てくるピアノの音が奇麗。

3.COMING OUT★★★★★

名曲。アルバム前半のハイライト。
性愛と真の愛情の間で揺れる男の悲哀がにじみ出る歌詞と都会的で美しいトラックが見事に噛み合っている。
そんな内容なので下ネタな単語が頓出するのだが、全然違和感なく聴くことができる。
cpさんは歌物にも適した声なのではないかと「人間とりぼん結び~」の所で思った。
最初サビに被さる歌の歌詞の意味が分からなかったが、少し考えたらわかった。未来の自分からのメッセージか…

4.PLANT★★★☆

3分もない短い曲だが、その中で「憂鬱」や「倦怠感」をうまく表現できている。
後半の「天気の話をしましょっか?」が印象的。個人的に「なんとなく なんとなく なんとなく 憂鬱」のところが好き。

5.MAYBE★★★★☆

やや明るめでポップな始まり方。
ラップも他の曲よりハイテンション…と思いきや途中でラップを逸脱して喋りっぽくなった…と思いきや今作唯一の絶叫が飛び出す。
「おちおち寝てられない!!!!!」
あっという間に終わってしまう。
2分36秒ともともと短い曲なのに加え、かなりハイテンポな曲なので時間が若干早く過ぎているように感じる。
もうちょっと長くてよかったかも。

6.RALLY★★

一転してローテンポな曲。声が幾重にも重なっているので妙な雰囲気が生まれている。
疲れた夕方のイメージ。前曲とは対照的に2分22秒が実際より長く感じられる。

7.SHIP★★★★★

中盤のハイライト。夜の海を思わせる幻想的なナンバー。
その割には歌詞の中にはくだらない下ネタが含まれていたりする。しかしやはり他と比べると幻想的な内容。
メロディの美しさと不思議なラップのハーモニーを楽しんでいればあっという間に終わります。
ちなみに個人的な話になってしまうけど、group_inouを初めて聴いたのがこの曲でした。
雑誌の付録CDとかにはこの曲が収録されてることが多いような…

8.FALL★★★★★

不思議な倦怠感と切なさにあふれた曲。ラップも前曲の鋭利な感じから一転してやや喋りに近い質感になっている。
夏の終わり、夕方駅前に降り立った時涼しい風がふわりと吹いてきた時の何とも言えない切なさを体現したような曲
(歌詞の中にもそんなフレーズが出てくる)。
この曲ももっと長くても良かったかなあ…でもこの短さが絶妙でもある。
ちなみに帯に書いてある「そして ぼくら なぜか いつも あたまの うしろに ある 空間」というフレーズはこの曲の歌詞から

9.NUDE★★★★☆

不穏な音色が響くイントロ。クライマックス。コーラスの使い方が絶妙。
この曲は歌詞がすごい。前半は他の曲と同じような下ネタな感じだが後半になるとドラッグをキメているような世界観になる。
不穏なメロディと相まって絶妙な不協和音を奏でている。
「職務質問 答えは神」の後に入ってるセリフと「呼吸を忘れて窒息死」の後に入ってる一言に笑った。

10.LISTEN(FUN VERSION)★★★☆

二曲目の別バージョン。と言ってもほぼ別の曲と言っていい。歌詞も少し書きかえられている。
二曲目でも印象的だった「リッスン応答願います」は同じだけど。こちらのほうが出来がいいかな。
とても明るい曲調になっている。昼間っぽい感じ。夕方や夜のイメージな曲が多いこのアルバムの中では珍しい。
しかし昼間の後には必ず夕方が来る。ポップな感じからいきなり儚い感じの曲調になる。
「昼夜反転リバーシブル」という気の抜けるような歌詞を何回か繰り返し、
アウトロをやや長めにとったあと、何とも言えない余韻を残してアルバムを終わらせる。

総評.★★★★★

「日本のヒップホップは糞」と2chで言われて久しい。
その他のネット上でも「ヒップホップを聴くならやっぱ海外だ」というやっぱり「日本のヒップホップは糞」と
遠回しに言ってる様な意見がたくさん出ていた。事実自分も日本のヒップホップは駄目だと思っていた。そこに来てこの一枚。
まあヒップホップとしては邪道かもしれない。ぜんぜん重圧感のないリズムトラックに、韻を踏むのを最低限にとどめている歌詞。
しかしラップがここまで心に響いたのはずいぶんと久々の事だ。自己主張も控えめ。むしろ自分の情けなさをそれとなく伝えている感じ。
そして本来なら「このメロディをヒップホップに使うなんてもったいない」と言ってしまうであろう絶妙なメロディ。
しかしこの作品では「もったいない」どころか、「適材適所」だと思ってしまう。
この二つがかみ合わないとgroup_inouではない、と言わせる強烈な個性がある。
さらに妙な中毒性があり、「ちょっと『QUEST』聴きたいな」とプレイボタンを押したが最後、結局全曲聴いてしまう。
とにかくあっという間、至福の31分間。やや物足りなさも感じるが、それを補うだけの満足感が聴いた後に残る。
非の打ちどころのない出来だと思う。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

28th.77-78 : 名無しのエリー2016.02.24.

1.ESCORT★★★★

しょっぱなちょっと奇妙なシンセリフから始まる曲。しかしまたこのループするリフが中毒性が高い。
最初は音の隙間が多めで割と淡々に進んでいくが、後半でどんどん盛り上がっていく。
サビのメロディがやはりキャッチーで耳に残る。歌詞は下ネタ多め。
僅かながらファンク入ってる気もする。本当に僅かながら。

2.CHAIR★★★☆

包み込むようなシンセが浮遊感を醸し出している曲。どことなく不気味なこの雰囲気は初期inouの十八番。
歌詞は、前半は唐突に選手とコーチが結婚したりと意味不明だが、後半は一転鋭く叙情的な雰囲気が漂う。
歪んだシンセが入ってきてからが肝。意味深な「椅子は一つしかないからね」のリフレインが印象的。

3.RIP★★★★★

PVあり。このアルバムのリードトラックであり、キラーチューンと呼ぶに相応しい超絶キャッチーな曲。
とにかく緩急の付け方やキメの入れ方などがツボを突いていて、聴き手を凄まじく高揚させてくる。
RIPとLIPとR.I.P.を掛けて、下ネタまみれなのに何故か切なくなってしまう歌詞も素晴らしい。
割とスルメ曲が多い気がする初期inouにおいて、この曲は初聴でもかなりインパクトがある。
現在の作風にも繋がる曲だと思う。

4.SOS★★★☆

前曲と次曲が割と詰まった曲だからか、軽めの曲。メロディは勿論ポップだけどこのアルバムではちょっと霞む。
この曲は暴走しまくるcpがメイン。本当に暴走しまくってる。名言の連発。
「それっていわゆる18禁?」の流れにはちょっと笑ってしまった。どういうことなんだ。

5.BOTTLING★★★★★

チープで打ち込み感丸出しのピアノとコーラスが中心に据えられた、美しいメロディの曲。
cpのリリックというか歌詞はとても断片的で抽象的だが、何故か常に切なさを伴っているのが本当に凄いと思う。
勿論それはimaiの作る美しいトラックに組み合わさることで本領を発揮するもの。そんな奇妙な切なさに満ちた曲。
後半の一分、cpが畳み掛けるようなラップをし始める瞬間に襲いかかる謎の感動、
そしてそこからの展開が歌詞も相まって本当に素晴らしい。

総評.★★★★☆

トラックメイカーimaiとMCのような何かcpの二人組、group_inouのミニアルバム。2009年発表。
このアルバムは特にキャッチーなフレーズやメロディが多く、中毒性が高い。ただまだ分かりやすいポップさではない。
曲数は少ないながら、各曲の完成度がとても高く、アルバム全体の構成もバランス良くまとまっている良作。
入手もしやすいので初心者にお勧め。ポップで美しいメロディを求めてる人や個性的な音楽を求めてる人は是非。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

26th.469-471 : 名無しのエリー2012.05.07.

1.ZYANOSE★★★☆

初っ端から疾走感のあるリズムと黄昏を感じさせるメロディが印象的。
1曲目らしからぬメロディなので最初聴いたときにはこの位置を疑問に思うかもしれないが、
アルバム全体を見渡すとやはりこの曲は冒頭に置かざるを得ない、と思えるはず。
前作や前々作に比べるとリリックの下ネタ含有率はかなり減っていて、この曲では下ネタはゼロに近い。
PVあり。

2.LAMP★★★

前作「ESCORT」収録の「SOS」で少しやっていたcpの声を使ったエフェクト遊びを軸に置いた曲。
この曲はとにかくcpがノっていて面白い。今作で一番楽しそう。妙な意味性を帯びたリリックも面白い。
トラックは実にポップなのだが主旋律がかなり不安定で面白い。とにかく、面白い曲。

3.STATE★★★☆

テンポ遅めのかなりシンプルな曲。展開はかなり最小限に抑えられていて、少しダレる。
…と思いきや、ラスト1分で鳥肌モノの展開が待ち受けている。本スレではかなりの人気を誇る曲。
路線としてはファーストミニの「foods」に収録されていた曲群に感触が近いような…?
最初は退屈な曲だなーと思っていたんですが何回か聴いて良さが分かってきた。

4.THERAPY★★★★

ここで再び疾走感を取り戻す。
これも最初聴いた時はイマイチパッとしないなーという感想を持っていたのだが、
何回か聴いていくうちにリリックの軽妙さや後半の盛り上がりの良さに気付け、
ポータブルプレイヤーでの再生回数が格段に上がったスルメ曲。
トラックは結構細かい事している。
AC部による超カオスなPVあり。なるべく曲を先に聴いてからの視聴をオススメ。

5.HALF★★★

下ネタ一切無しの叙情的なcpのリリックと、imaiのメロディセンスが爆発したメロウなトラックで魅せる佳曲。
imaiのメロディセンスは最近の若手バンドの中では頭一つ抜けていると思う。
後にシングルカット。
シングルバージョンはアウトロがライブで演奏されているバージョンに近くなっており、
そちらの方が実はオススメなのですが限定生産盤だったりする。

6.MYSTERY★★★★☆

恐らくgroup_inouの曲の中で最速と思われるナンバー。
わずか2分の間に変な台詞、下ネタありの意味不明なリリック、メロディアスなトラック、cpのシャウト…
と要するにgroup_inouのエッセンスが全て詰め込まれた曲。
ライブでは物凄い盛り上がるが、決してライブだけの要員ではなくホームリスニングにも耐久性のある出来。

7.HEART★★★★★

一転、group_inou最長の6分20秒のミディアム・テンポのバラード。
ポスト「COMING OUT」とでも言えそうな名曲で、個人的に今作の最大の目玉にしてハイライト。
下ネタや最近の流行などをない交ぜにしたカオスなリリックが、一切隙の無いメロディに乗せられる様はかなり感動的。
そしてラストの大サビはどこか切ないリリック、imaiの才能全開のメロディ共に凄いの一言。
後に(AC部のPV付きで)シングルカットされました。興味があればぜひ聴いて頂きたい。

8.ELEPHANT★★★

シャッフル調のリズムが印象的な曲。こういう変則的なリズムは何気に初めてでは?
曲はなんというか、いつものgroup_inouといった感じの儚げなメロディ。全体的に落ち着いた曲調。
リリックには「そっくりばっかりがっかり なんでこんなんばっかり」というかなり攻撃的なフレーズが。
ちなみにタイトルはたぶん下ネタ。

9.GRAZIE★★★★

ラストは前作「ESCORT」収録の「BOTTLING」路線のスローテンポな曲。
リリックは今作収録曲の中でもひときわ意味不明なのだがどこかしら異様な切実さを感じる。
「終わり」の悲しげな雰囲気が全編通して漂っている。重々しいトラックがサビでメロディアスに裏返るのがミソ。
ひたすらに物悲しいアウトロがとてもいい。アルバムを締めるのに最適な曲、という印象。

総評.★★★★★

エレクトロ変態ユニット、group_inouが2010年の初夏にドロップした2ndフルアルバム。
2010年リリースされたアルバムの中ではトップクラスの出来だと思う。
すごく構成が練られてる。捨て曲なし、というかマジで一曲でも外したら成立しない。
音もだんだん深みが増してきていて、imaiのメロディのセンスは良くなるばかり。
ただ、あらゆる意味でやってることは以前と一緒。リリックの意味不明さは相変わらずだし、トラックは相変わらずエレクトライヴ一本。
そここそが彼らの最大の長所ではあるのだが短所でもあると思う。
自分はファンだから曲ごとの変化をいい感じに楽しめるが、
このユニットに対して何の思い入れが無い人が聴いたらそろそろ曲の違いが分からなくなる頃かも。
まあ、そういった点を抜きにすればとにかく傑作なので聴いて損はないはずです。お勧め。
特にメロディに飢えている人に激しくお勧め。このメガネ掛けた人、すごくいいメロディ作るんですよ。
あと、この作品はアートワークが凄く良い。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

27th.585-586 : 名無しのエリー2015.09.21.

1.ZYANOSE★★★★☆

夕暮れを感じさせる変拍子の曲。つんのめるような疾走感が良い。個人的にこのアルバムで一番好き。
飄々としたcpのラップと不可思議ながらポップなメロディがまさに掴みに相応しい。

2.LAMP★★★

打って変わって気だるげな雰囲気のトラックに、テンション高いラップが乗る。
歌詞の内容が意味深。「これでダメならもうダメです、人間じゃあない」なかなかに酷い。

3.STATE★★★★

こっちはちゃんと全体的に気だるい、深夜の雰囲気漂う曲。
最後の一分間で一気に盛り上がるのが良い。ラップもとても叙情的。

4.THERAPY★★★☆

恐らくgroup_inouで一番有名な曲。とにかくまずはyoutubeにあるpvを見てくれとしか。
とにかく意味不明な歌詞とぶっ飛んでるcpに曲、だけど何故か妙な中毒性があってたまに聴きたくなる。
それまでの展開から全くの違和感なくスムーズに泣きのメロディへと移行するアウトロが良い。

5.HALF★★★★☆

イントロのコーラスから引き込まれる、このアルバム随一に美しいメロディを持つ曲。
シングルカットされたのも頷ける、すごくポップで耳に残るメロディに鋭いラップ。
cpは本当に断片的な言葉で感情を喚起させるのが上手いと思う。

6.MYSTERY★★★

怪しげな雰囲気で疾走する曲。「オレンジとレモン」が耳に残る。
ライブで盛り上がりそう。実際よくやってるっぽい。

7.HEART★★★★

これもpvが有名な曲。6分半と今のところinouの曲では最長。
すごくドラマチックな曲。(pvの印象に引っ張られてるだけかもしれない)
横ノリ系のトラックだけどとにかく言葉の乗せ方が絶妙。聴いてて気持ちいい。

8.ELEPHANT★★★

inouの今までの曲には無かったシャッフル調の曲。コーラスが印象的。

9.GRAZIE★★★★

淡々としたトラックに淡々としたラップが乗る。サビのメロディは流石と言うか、とてもポップ。
終始潜伏しているcpが最後の最後で「形勢逆転!」と叫ぶ瞬間のカタルシスは凄い。

総評.★★★★

多分ヒップホップではない、トラックメイカーimaiとMCのcpの二人組group_inouの2ndフルアルバム。2010年作。
前作「FAN」に比べて格段にポップになり、とっつきやすくなった印象。
ただその分初期のまさに異能といった異形感は薄まった感じ。唯一無二であることには変わりない。
「THERAPY」「HEART」などの有名曲も入っているので入門には最適。
でも他のアルバム曲が少々印象薄く、曲数も少ないので他のアルバムに比べると少し落ちるかと。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)

28th.136-141 : 名無しのエリー2016.05.22.

1.STATUS★★★★

いきなり始まるのは語りにも似たcpの独特すぎるラップ。それにしてもこの頃は歌詞が過激www(今もだけど)
延々とこのラップを聞かされるのかと思いきや、「一体全体お前は誰?」からポップでメロディアスなシンセが入る。
途中の「ダイッ!ダイッ!ダイッ!ダイッ…」のバックのコーラスは「MONKEY」に近いものを感じる。
「パラポラデラマラ…」のフレーズは「QUEST」にも使われているし、「それ貸衣装か?」の下りは「KNUCKLE」にそのまま出てくる。
イノウ最初の曲にしてその後の音楽性を表現した様な曲。

2.ROD★★★☆

今度は打って変わって暗くて気持ち悪い電子音から入る。その後も淡々と続く、やっぱり陰気で不気味な曲。
途中のピコピコ音と壊れたようなcpの声が入る所とか凍りつきそう。
比較的序盤の「ファー!」と叫び声が笑いを誘う。と言っても終盤にテンポアップして一応盛り上げてくれる?のでご安心を。
今ではほとんど聞かれなくなったくらい曲だが、この暗さは初期イノウの醍醐味でもある。
歌詞がまた見事にイッてて何とも形容しがたいが、まえに"foods"単体のレビューをされていた方のレビューがそれをうまく表していると思う。

3.COIN★★★★☆

この曲は比較的ラップ然としたラップから始まる。
さっきも言ったけどやっぱりリリックが過激。ペ○スとか普通に出てくる。
Aメロはひたすらラップが続くが、ーBメロでは若干メロディアスになり、そのままポップなサビにつながる。
この曲は比較的わかりやすくて乗りやすいので初心者にもオススメ。
最後は何気に切なめのメロと以外と胸に刺さるリリックで〆。cpは歌メロのセンスにも長けていると思う。

4.PR★★★

いきなりcpが訳わからんやたら壮大なこと言ってるが、流石にもうびっくりしない。
1分半という短い間によく展開され、中々良くできた曲だと思うが、
その後のREMIXが凄すぎるので、相対的に見たこの曲のひょうかはそこまで高くない。
「ちょっと大きいミニウサギ ちょっと大きいミニウサギ ちょっと大きいミニウサギ 不思議ちゃんは絶対名器」

5.STATUS (LOSS VERSION)★★★☆

"foods"サイドのトリを飾るのは、♪1の別バージョン。原曲と比べると、大分暗くなったなーという所。
あんまり説明の言葉が浮かばない。でも中々の曲なのでぜひ聞いて見てください。

6.STATUS (matsu&take aerobics mix)★★★★

REMIXアルバム"System Kitchen"サイドのオープニングを飾るのは、♪1のREMIX。
原曲と比べると大分グルービーになってて、踊りやすくなってるかな。まさにエアロビクスしてるみたい。
以外と長いのが欠点。

7.PR (u.u.o mix)★★★★☆

原曲がより華やかに鳴った印象。ピコピコ感が、増している。ライブではこっちのバージョンをやる事が多い。
これも乗りやすくなった感じ。ただそれだけでなくより聞きやすくなっている。

8.COIN (great escape mix)★★★★★

すいません一番キたのはこれです。原曲の良さを殺す事なく見事に別の曲に昇華している。
これは原曲にさらに疾走感と、浮遊間が加わった。繰り返し何回も聞きたくなってくる。
ちなみに言い忘れたが、この曲は原曲、REMIXともにMVがついている。どっちもいい感じ。

9.ROD (bad area mix)★★★★

♪2をトラックメイカー、imaiがREMIXしたもの。原曲より曲の線が強調され、より印象的になった感じ。
imaiは原曲をグレードアップさせるのがうまい。

10.STATUS (matsu&take's paradise mix)

♪1のREMIX。カオスの一言。cp噛みまくりwww
こんなよくわからない曲だが、全体的にカラーが統一された曲なので、うまく行けばトリップできるかも。

11.STATUS (night wind mix)★★★☆

ラストはcpの別バンド、"uri gagarn"によるREMIX。
曲名通り夜をイメージさせる物静かで幻想的な仕上がり。若干アンビエントっぽいかな。
後半にかけてかなり不気味な盛り上がりを見せるが、やっぱり〆を飾るのには最適な曲。

12.BPA★★★★★

今作のボーナストラック。
500枚限定で発売されたgroup_inouのデビューシングルであり、長らく幻の名曲とされていた一曲。
最初こそどんより暗めの曲だが、だんだん後半になるにつれ温度が上がってくる。
歌詞は乗ってないので聞き取るしかないが「ズンズンズル剥け」やら「ケツまで褐色」やら…
これはね、名曲。自分でも何を根拠に言ってるのかよくわからないけど、名曲。
とにかく聴いてみてください。

総評.★★★★

トラックメイカーのimaiとMCのcpの2人組ヒップホップ(?)ユニット、group_inouの入所困難となっていた音源をまとめたもの。
まずヒップホップに対するコメントとしては微妙だが、とにかくメロディが素晴らしい。
ピコピコ音らしいポップさ、何処と無く哀愁漂うサウンドが見事に融合している。
逆にcpのラップは微妙。もっと頑張れ。
今と比べると、大分変わったなぁという印象。まずサウンドがバリバリしている。聞き応えがあるといえばあるか。
あと今もそうだけど当時はそれ以上に過激。そういうのが苦手な人はかなりキツいかも。
今の爽やか路線もいいけど、この頃の路線も同じぐらい好きです。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)