* アーティスト名 : ほしのげん

28th.229-231 : 名無しのエリー2016.10.26.

1.時よ★★★☆

ファミコンで使われてそうな電子音を軸に進んでいく曲。サビのどこまでも突き進むような勢いがいい。
ちなみに電車が通る駅の中で歌うPVはこの曲の世界観をよく表していると思うので見て欲しい。

2.Week End★★★★☆

「めざましどようび」のテーマソングとして作られただけあって、非常に爽快な出来。サビで出てくるハンドクラップが効果的。
これはシングルでもよかったと思う。アルバムの中でも特筆すべき曲。

3.SUN★★★☆

この曲で紅白に出場し、知名度を上げた曲。カラオケでも話題になったと思う。
本人は「気持ちが上がったり、思わず腰が動くものを作りたい」と言っていたが、まさにそれを象徴するような曲。
ストリングスが使われているが、最近ありがちなくどいアレンジではなくあくまでさらっとした仕上がりになっているのも好印象。

4.ミスユー★★★☆

テンションの上がる曲を続けてきたなか、ここで落ち着いた曲が登場。ピアノが特に良い。
このアルバムの中では割と長めの曲だが、流れていくように終わるのであまり長く感じない。
お洒落だなあ、と感じる1曲。

5.Soul★★☆

ここで黒めなメロディの曲になる。
しかしこういった曲調になると、彼の声は声量があるわけではないので少々物足りなさを感じる。
悪い曲ではないだけに残念。

6.口づけ★★

アコギでゆったりと聴かせる曲だが、あまり残るものがないというか、まあはっきり言って地味。
ちょっとここらへんは中弛みの印象が。

7.地獄でなぜ悪い★★★☆

様々な楽器が暴れまくり、ビックバンドのようなイントロを抜けてから軽快に進んでいくシングル曲。
さっきまでの流れを一気に変えていく感じがいい。
実は歌詞はそこまで明るいわけではないが、曲調がとにかく賑やかなので、自然に気持ちが明るくなる。

8.Nerd Strut★★★

ベースを細野晴臣氏、それ以外の楽器全てを星野氏が担当したインスト。レコードでいうA面B面を分けるような感じだろうか。
木琴の音が可愛らしく、インストだが非常に良い出来。
なぜか森の中のイメージが浮かんだ。

9.桜の森★★★

エレピとストリングスを中心にして進んでいく曲。唯一このアルバムの中では演奏時間が5分を超えている。
単品で聴くといいのだが、若干アレンジにマンネリ感が漂い始めるのもまた事実。
歌詞に「鬼」というワードがでてくるのがちょっと意外。

10.Crazy Crazy★★★★

シングル曲。ピアノとドラムが勢いよく進んでいくのが爽快。
サビの歌詞で「頭揺らせ」と言っているが、確かに頭や体を動かしたくなるような曲。
実は前まであまり印象に残っていなかったんだけど、最近になって急に好きになってきたので意外とスルメ曲なのかもしれない。

11.Snow Men★★★☆

落ち着いた雰囲気の曲を入れてくるタイミングが絶妙。少しR&Bの影響も受けているようなドラムがいい。
メロディも聴いていて心地がいいのだが、Bメロとサビの繋がり方に違和感を感じる。

12.Down Town★★★★☆

イントロから引き込まれる。
ブラスも程よく挿入されているし、メロディもいいし、「いい歳してるけど 免許もな・い・ぜ!」とかいうちょっとおバカな感じの歌詞もよい
(ちなみに彼の住んでいた町をイメージにして作ったとかなんとか)。
Tr.2と共に、個人的にはイチオシの曲。

13.夜★☆

個人的には印象がTr.4とかなり被っているので印象が薄い…、ピアノを中心としたバラードといった感じか。
ラストナンバーへ向けての子休止と考えるのが吉だが、それでも4分あるしなあ…

14.Friend Ship★★★☆

だがこの曲のイントロを聴くと、長いトンネルを抜けたような気分になって非常に爽快。気持ちいい。木琴が使われてるのが目立つ。
「友情と愛情の間の微妙な感情」をイメージしたらしいが、なるほど明るいのに切なさを感じる。
最後にファミコンのような音が使われてるのがTr.1を思いださせる。
映画のエンドロールを見ているような感じで見事な終わり方だと思う。

総評.★★★★

「SUN」で話題となったシンガーソングライター、星野源の4thアルバム。
全体的な印象としては、明るいメロディと生音の豪華なアレンジが見事に合わさった、という感じ。
ソウルやR&Bを日本人好みに料理しているからか、非常に聴きやすい点が良い。
ただそんな感じのアレンジが全面にされているので、合わない人はとことん合わないだろうなあと。この感覚はSURFACEに似たものを感じる。
個人的には聴いていて爽快だったし、思わず歌いたくなるような曲がたくさん入った、おもちゃ箱のような印象を持ったアルバムだった。
この人のアルバムはまだこれ以外聴いたことがないが、かなり開放的だなあと思っていたら、
彼のくも膜下出血が直ったのも影響しているんだとか。なるほど。
この開放的な感じが好きなので、これからの活動にも期待していきたい。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)