* アーティスト名 : かんむりじろう

1st.340 : 名無しのエリー2002.07.10.

1.バイキング★★★★

海賊をモチーフにするという、演歌界の度肝を抜く衝撃的な名作。

2.まごころ★★

まごころを感じさせるスローナンバー。

3.北の旅人★★★

言わずと知れた、石原裕二郎の名曲。冠が歌う事によって、また違った味わいがあります。

4.しのび酒★★

しのんで、酒を飲んでいるなあ、という名曲。

5.みちづれ

ちょっと、みちづれ感が足りないか。冠どうした?という曲だと思います。

6.旅の終りに★★★★

人生を長い旅に喩えた感動的な名曲です。

7.恋唄綴り★★

堀内孝雄のカバー。あの独特の堀内節にはちょっと及ばないかも。

8.みれん酒★★★★

本当に、心から未練を感じる。名曲だと思います。

9.酒場★★★

ああ、酒場だな、って感じ。

10.心凍らせて★★★★

高山巌のカバーだが、ここでの冠の歌はオリジナルのそれを遥かに凌駕している。
冠のキャリアと懐の深さを感じさせる名テイクとなっている。

11.流恋草

ちょっとアレンジに感じが出てない。冠の歌は良いのに、勿体無いです。

12.炎★★★★★

冠の代表作。
「アイアイ、アイライク演歌」と、演歌に英語を持ち込むウルトラCの離れ業を平然とやってのけた驚愕の作品。
この味は冠にしか出せないし、冠しかやらないだろう。
「燃えろ燃えろ燃えろ 炎のように」という平易なメタファーも却って潔い。

13.影法師

これも堀内孝雄の名曲だが、堀内節と冠の声はあまり相性が良くないようだ。
アウトロでは「サンキュー!」まで完全にカバーしてほしかった。

14.火の国の女★★

坂本冬美の名曲をカバー。意外に合ってる。

15.思い出川★★★★★

涙無しには聴けない文句無しの名曲。

16.酒よ★★☆

吉幾三のカバー。
オリジナルの感情入りまくった吉のボーカルには及ばないも、これはこれで味があると思う。

総評.

冠のベスト盤は何枚かドロップされているが、これが選曲的にはオススメか。
「炎」に並ぶ代表作、超絶曲の「ムサシ」が収録されていないのが痛い。
しかし、冠の偉大さを知るには十分すぎる一枚。
氷川きよしが遠く及ばない「何か」がここにある。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。総評は星評価なし。)