* コンピレーション : すくうぇあ・えにっくす

避1st.95-100,102 : 名無しさん2009.12.19.

1.FINAL FANTASY メインテーマ(PE'Z)★★★

イントロのピアノでしっとりとテーマを提示しつつ、いきなりラテンリズムが炸裂するペズワールドへようこそ。
メロ~サビとこれまでもどこかで聴いたような食傷気味の展開だけど、やっぱりサビの開放感はいいね。もはや彼らの王道パターン。
完全にペズ曲になっているので、好き嫌いは別れそう。

2.遥かなる時の彼方へ(livetune remix)(livetune)★★☆

クロノトリガーの曲。
某テクノ三人臭娘が踊ってそうなキラキラポップサウンドに乗って透明感のあるメロが響き渡る。ぺこぺこきらーん、いい気持ち。
個人的に4つ打ちはあまり得意じゃないんだけど、ウワモノがしっかりしているのでさらっと聴けたかな。
中田ヤスタ化曲が好きならオススメ。

3.クロノ・トリガー(NOVOISKI)

ダフトパンクばりの歪んだギターに何が始まるのかと思いきや、こうきたか。
原曲を知らないと辛い。メロも全部まとめて歪ませてるから聞き取りづらいんだよね。
中盤のピアノは綺麗な展開を見せてくれたんだが…。

4.カエルのテーマ~戦闘勝利(SEXY-SYNTHESIZER remix)(SEXY-SYNTHESIZER)★★★☆

同じくクロノトリガーの曲。いやもうこれはこれは彼の道具である8bit音の勝利でしょ。
スーファミ音源をファミコン音源にしちゃうんだから原曲を知ってる人はもうニヤニヤが止まらないのでは。
自分は元を知らないんだけども、曲の雰囲気も上手くまとめていて好印象。

5.チョコボのテーマ(グットラックヘイワ)★★★

これまでマンボやらサンバやら様々に料理されてきたが、ここではゆったりとした中華風ジャズに。
どう料理されても全く違和感がないチョコボ。やっぱりかわいいよなぁ。

6.想いは遠くマナの樹に寄せて Theme of Mana~ホームタウンドミナ(muZik)★★☆

聖剣伝説 Legend of Mana の曲。つかこのmuZicっての、情報がほとんどないんだがどうもスクエニ内部の人間らしい。いいのかそれで。
曲は非常にゆったりとしていてノスタルジック。メドレーだが全く気付かない程一体化した流れ。ほのぼの。

7.悠久の風(migratory birds mix)(DE DE MOUSE)★★★★

FF3の曲。8bit音から始まり、中盤からはお得意のデデちゃん節炸裂。
ちゃんといつものロボ声少女も登場。そして徐々に音が重なっていくこの展開は素敵。
吹き抜ける風の開放感とか冒険のドキドキ感とかが余すところなく詰め込まれていて、彼はそんな風景を描くのがやっぱり上手い。
いい仕事、してますぜ。

8.Romancing Sa・Ga(note native remix) オープニングタイトル~バトル1~決戦!サルーイン~エンディングテーマ(note native)★☆

ハウスDJによるリミックス。うーん、個人的にハウスが苦手だからなぁ…。
ウワモノも薄っぺらいからバスドラの4つ打ちが余計に下品に聞こえちゃう。
原曲をしらない自分にこれは辛いっす。。。

9.ビッグブリッヂの死闘~妖星乱舞~片翼の天使(→Pia-no-jaC←)★★(曲補正付ければ+★)

出た、ピアノジャック。ピアノとカホン(四角い箱みたいな打楽器)の二人組。
もうヴィレヴァンでプッシュされまくり。いや、面白い二人だとは思う。動画見る限り、ライブはすげー盛り上がるんだと思う。
ピアノも上手いこと雑に鍵盤を叩きまくってるし、カホンもサンボ山口隆よろしく暑苦しくがんばってると思う。
が、いかんせんミックスが悪いのか何なのか、いつもカホンの音が弱い。
カホンの(打音の)音程は高く響きにくいので、シャカシャカ鳴ってるだけにしか聴こえない。
CD音源で聞き込むには向いていない音楽。良くも悪くも彼らはそれに尽きる。
で、そんな二人があの名曲達を叩き倒し(選曲がかなり卑怯臭い)。
妖星乱舞は原曲通り15/8(4/4+7/8)拍子で展開して欲しかったけど、そうでなくてもこのピアノは流石の一言。
難曲を上手くアレンジして繋げているしかっこいいし耳障りもいい。
が、しかし。このトラックが、というよりもCDとしてパッケージングされた彼らの音楽そのものが肌に合わないんだと思います。ごめんなさい。

10.プレリュード(no.9)★★★★

最後は綺麗な原曲のイメージを壊すことなく静謐な世界を展開。
この辺りの打ち込みを使ったクラシカルな音楽は彼のお手の物。流石の一言。
ただしアクはないのでさらっと聞き流されてしまうかもしれない諸刃の剣でもある。
まぁ最後くらいこういうのがあってもいいかと。

総評.★★

[前置]
まず最初に謝っときます。自分はFF4.5.6くらいしかやったことがありません。
ロマサガとクロノはまだ名前は知ってるけど、、、聖剣伝説のマナの樹?そんなの出てたの?
そんな感じなので原曲は半分程度しか知らず、ついでにアーティストも半分は全く知らず、故に評価が歪んでいる可能性がかなり高いかと。
それを踏まえて、総評。
[本題]
スクエニ公式の、スクエアゲーム音楽をカヴァー&リミックスしたアルバム。
ヴィレヴァン限定でDVDが付いてくるらしく、店内でガンガン流れまくり。
聴くまであまり意識していなかったが、蓋を開けてみれば以前レビューしたキラキラジブリに似たようなコンセプト。フロア向け曲多し。
なので、一聴しての耳当たりはいい。曲者達が各曲をいぢりまくってるだけあって適度なフックもある。
が、ずっと聞いていたいかというと…飽きるねこりゃ。ヴィレヴァン的音楽の典型。
(ほら、コレオサレでしょ?的あざとさを感じちゃってヴィレヴァンの推す音楽ってあんま深みを感じないんだよなぁ。)
それでも原曲を知るゲーム好きなら楽しめる…と信じたいんだけど、どうなんでしょ。
まぁ飛び道具としては十分機能するかと。そんな感じ。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)