* コンピレーション : らきすた

17th.557-558 : 名無しのエリー2008.05.03.

1.JAMがもっていった!セーラーふく(JAM project)☆☆☆☆☆

ジャムプロが歌った「もってけ!セーラーふく」。原曲と異なり、かなり「熱く」歌っている。
それが原曲とはまた異なる良さを引き出している。彼らのプロ根性が見える曲

2.もってけ!セーラーふく(EX.Motte[k]remix)☆☆☆

最初聴いたときは微妙だったがあとからハマっていくタイプの曲。
途中からセーラー服について熱く語っていた白石みのるもいい味をだしていた

3.もってけ!ニーソックス☆☆☆☆

「もってけ!セーラーふく」と「かえして!ニーソックス」を合体させた曲。
ベースはもってけでニーソは途中から入ってくる。無理なく二曲を混ぜている鮮やかな曲である

4.もってけ!セーラーふく(Electoro 乙女ちっく mix)☆☆☆☆

個人的にはこのCDで最も無難なリミックスだと思う曲。かっこよくなっているがらき☆すたらしい面白みには欠ける印象。
でも曲としては非常にいい

5.もってけ!セーラーふく(Bak-Bak-Bakoon!! mix)☆☆☆☆☆

前の曲が歌として手堅く作っているのに対してこっちはらき☆すたらしいカオスである。
中の人(=声優)があらわれたり白石みのるが「Nice boat」と最後に言ったりして目茶苦茶な曲。
でもその目茶苦茶な感じが、非常に「らき☆すた」らしい。目茶苦茶だけど楽しい、らき☆すたらしい曲

6.組曲「らき☆すた動画」(らき☆すたのみんな)☆☆☆☆☆☆

組曲と言っているが要はらき☆すたメドレー。「らき☆すたのみんな」というアーティスト名に相応しくほとんどの歌がでている。
今回のリミックスCDの目玉であるがそれに相応しい出来である。
最後のもってけが終わる時は祭りが終わった後のような気分にさせられる。まさにらき☆すたの集大成といった感じの曲

総評.☆☆☆☆☆

最初から最後までレベルの高いCD。それぞれの楽曲がそれぞれ別の良さをもっていた。
特に1、5、6曲目は良かった。「もってけ!セーラーふく」を材料に皆がそれぞれ料理し、でてきた物は皆良かったといった感じ。
リミックスCD3を是非だしていただきたい

(☆6個が満点。)