* コンピレーション : ぷろだくしょんぺんしる

ア1st.26-32 : ななしいさお@オマエモナゆりかご会2008.09.03.

1.Refrain★★★★

美しいメロディーとストリングスの音が調和した感じの癒し/幻想系の良ポップ。
作曲者の上松らしいバイオリンの響きが心地良い。
バイオリンは生? 途中から入ってくるアコギも雰囲気を高めてGood。

2.Moral★★★☆

クラブ音楽っぽいノリのポップス。エレキも含めて完全に打ち込みっぽく聴こえる。
ドラムが完全にクラブ系の音なのでダンス系をアニソンっぽくベタにした感じの曲。メロは個人的に結構好き。
アウトロは好きな終わり方。

3.恋は☆Magic★★☆

萌え歌。エロゲ声優二人のボーカルで作曲は榊原ゆい。
とにかく榊原の歌謡ポップメロディーとゆったりな雰囲気の萌えオケな曲。
アウトロはいい感じ。

4.乙女な☆Witches★★☆

甘々な典型的萌え電波ソング。
ボーカルは声優4人。合いの手使いまくりだがメロディーセンスは良いと思う。
オケはとにかくベタに徹した感じ。

5.パピリン、愛の調べ(sweet love mix)★★★

サクラ大戦みたいな曲。というか萌えボーカルでやった昔の特撮OPみたいな感じ?
歌詞は電波。なぜかバッキングが良く出来てるので★3つ。

6.贖罪のラプソディー★★★★

桃井はるこボーカル。
パイプオルガンで始まる物凄いベタな曲。でもオケはかなり作りこんでる模様。
桃井の歌にすごいビブラートがかかっていてさらにベタさが増してる。
個人的にオケが好き。インスト欲しい。

7.原罪のレクイエム★★★★

KOTOKO&C.G mixのI'veファンの間では有名な曲。
KOTOKOの練られた世界観の歌詞が良。間奏のドラム抜きシンセの部分がI'veらしい。

8.Sigh…★★★

哀愁系テクノポップ。ただしどっちかといえば90年代アニソンという感じ。
サビのメロディーにからまるコード進行が好み。
20代以上のアニオタには懐かしい感じのするかもしれない良ポップ。

9.追憶のノクターン★★★☆

ピアノの和音が綺麗な良バラード。この曲もなんだか90年代J-POPっぽい。
自分の中では何だかノスタルジーな曲。

10.melty snow★★★★

I've川田まみの感動系バラード。
泣き、ではなく”朝起きて朝日を浴びてる系”(?)な爽やかさ溢れる良曲。
雪の中で聴いたら感動できるタイプの曲、…かもしれない。

11.アナタだけのAngel☆★★★

I've詩月カオリの電波。
もの凄くベタなシンセのコードとアルペジオが主張しまくるものの、曲の骨格は切ない系バラードでも通用しそうな良ポップ。
聴き込むとだんだん良くなる系。

12.此ノ花ノ咲ク頃★★★★

情緒的な感動系マイナー・ミドルテンポの半歌謡ポップ。歌詞が印象的。
作曲は榊原ゆい。歌謡曲的なベタな曲だが良作。

13.ちる はな さくら★★★☆

小さく纏まった演奏の少し暗めのバラード、と思いきや
途中からドラクエの王宮のテーマっぽいシンセコードが入ってきて壮大さを湛えた感じの叙情的バラードに。
この仕掛けはゲームの雰囲気に合わせてるのかわからないけど好き。
同じ歌手なのに前曲と声が全然違うw が、エロゲポップアルバムの締めくくりには良い感じの良曲。

総評.★★★★

アルバム通して聴くと全体でよく雰囲気を考えてる配曲。
電波系はなんとも言えないがバラード、アップテンポ系はかなり良くできてるアルバム。
2000年代的な音はあまりしないが良盤といえる。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)