* コンピレーション : まざー

18th. 78-79 : 名無しのエリー2008.05.17.

1.POLLYANNA (I BELIEVE IN YOU)★★★★★

まさに冒険が始まるかのようなイントロでスタートする名曲。
透明感があるヴォーカルとクリアーな演奏のアレンジもピッタリ。間奏も印象的。

2.BEIN' FRIENDS★★★★☆

なんというか疾走感がありそうなんだけどなんか違う感じがするんだよねえ。
だけどメロディの質が高く、絶妙と呼べそう。さくっと聴ける。

3.THE PARADISE LINE★★★

良い曲でカッコいいんだけど名曲ぞろいのこのサントラにおいては地味。ギターが良いな。

4.MAGICANT★★★

インスト。独特の不思議な感覚を持つ曲。途中の転調が印象に残る。

5.WISDOM OF THE WORLD★★★★★

前半の核となる曲。かなりの壮大さ。メロディの質の高さには舌を巻くしかない。

6.FLYING MAN★★★☆

独特の透明感を持った男性ヴォーカルが良い味を出している。後半の合唱もgood。

7.SNOW MAN★★★★☆

インスト。mother屈指の美メロの名曲。ちょっとアレンジが冬っぽくないかな。

8.ALL THAT I NEEDED (WAS YOU)★★★

ヴォーカルがすごい透明感。ちょっと違和感w
ふにゃふにゃなフレーズがナイス。

9.FALLIN' LOVE, AND★★★

インスト。まったりと。全篇に渡り流れるギターが良い。ちと長いか。でも良い。

10.EIGHT MELODIES★★★★★

これは…何と言うかすごいね。メロディの質の高さがハンパじゃない。ゲーム音楽とは思えない。
更にすごいのはタイトルの通り、メロディが八小節に分かれていること。その八つ全てが素晴らしい。
やばいことやばいこと。時代も飛び越える名曲でしょう。ちなみに音楽の教科書にも採用されたらしい。

総評.★★★★★

音楽の評価も高い、ゲーム「mother」のサントラ。オリジナルのアレンジを施している。
motherは2しかやったこと無いし、pollyannaとeight melodies目当てに買ったんだけど他の曲も良いし、アルバムとしての流れも良い。
個人的にはかなりの名盤。また違う感じの爽やかさを持つイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」的な感じ。
ただ、原作のファミコンのピコピコ音とはかけ離れた(当然)アレンジなので原作に強い思い入れのある人は違和感があるかもしれない。
サントラと言うより、鈴木慶一・田中宏和コンビのアルバムとして聞くのがいいかも。
そう考えるとmotherを全く知らない人にも薦めたい名盤です。
ちなみにトラック11からは原曲通りのピコピコ音のメドレーがあるので、原作好きでも損は無いと思います。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。tr.11以降はレビューなし。)