* コンピレーション : あいたくて

ア1st.65-67 : ななしいさお@オマエモナゆりかご会2008.10.10.

1.Funny Funny Face(二宮千菜&二宮麻子(川澄綾子&浅木舞))★★★

二宮姉妹によるゲームOP曲。甘いフレンチハウスポップス。
PVがあったらファギーな映像で、ぬいぐるみが大量にある部屋で姉妹が歌ってそうな甘ったる~い空気。サビが覚えやすくて良い。
歌唱力は元気っ子の方が実は巧いということも無く、姉の勝ちか。

2.BLOOM(二宮千菜(川澄綾子))★★★

これまた甘ったるいフレンチポップ。
キャラのイメージにしてポジティブな曲調。バックコーラスのレベルたけー。
細かく入ってくるスネアが良いリズムを作ってる。

3.Kiss Me ☆ Darlin'(藍原ひびき(半場友恵))★★★☆

オケヒットを使ったり、ピョコピョコしたリズムだったりとアイドルポップ路線を狙ってるが、
作曲者のフレンチ/ハウス趣味は消えておらず、お洒落な要素が残っている。
媚はあまり感じられない。ノリが良く、恥ずかしい歌詞のサビも覚えやすくて良い。
歌が巧いというキャラ設定だが実際の歌唱力は並。

4.漂流花(入江里沙(浅野まゆみ))★★★☆

クールな先輩によるクールな曲。
ビヨビヨ鳴ってるベースに、控えめのカッティングギター、R&B系のバックコーラスと大人の雰囲気。
ラストのサビ入りにエフェクトが掛かってるのにヤラれる。

5.MIRROR(神城絢(鈴木好未))★★

格闘技に強い男前なキャラが歌うゆったりなバラードありがちといえばありがちな組み合わせ。
優しい歌声によるメロウなメロディは悪くないが少々インパクト不足か。

6.BAKKAじゃない?(三好直人(谷山紀章))★★★★★

ギャルゲーソング集なのに男キャラ。しかも一番良い。
歌うはユニットGRANRODEOで有名な谷山紀章。第一声の時点で段違いの歌唱力をこれでもかと見せ付けてくれる。
今作の超レベルコーラス隊とタメを張ってる。この人だけレベルが違います。
曲はいかにもチャラ男が歌いそうなアップテンポのハウス/R&B。バッキングピアノがカッコよすぎる。
正直こいつになら掘られても良いと思った。

7.恋 ♡ しよう(二宮麻子(浅木舞))★★★

アップテンポのフレンチポップス。コテコテのストリングスやらチャイムが良い味出してる。
乙女一直線なサビに萌え。バックコーラスの「fuu fuu」が癖になる。
このCDのメインはバックコーラスの皆さんです。

8.天使がヤカマシイ(遠藤加奈子(佐藤美佳子)&星野映美(菊地祥子)&楠木ともみ(竹ノ内美奈子))★★★★☆

騒がしい三人娘のユニット曲。歌詞はモロにイマドキの女子高生。歌は三人とも上手い。
Aメロからサビまで三人の掛け合いが素晴らしい。KONAMIのユニット曲の中でもかなりレベルが高い。

9.グレープフルーツ(篠崎百合華(飯島京子))★★★★★

とびっきり爽やかイントロの時点で逝く。ボーカルが入って再度テンションがあがる。
サビは名メロディ。バックコーラスの「my first kiss~♪」が好き。
真面目な百合華先輩が笑顔でコレを歌ってると思うと胸が熱くなってくる。グへへ。

10.あいたくて・・・(二宮千菜(川澄綾子)&二宮麻子(浅木舞))★★★★☆

ゲームED曲。スローテンポのポップス。極上メロのサビに思わず涙してしまう名曲。
ピアノがフェードアウトしていくアウトロがまた感動的。

総評.★★★★☆

同社のII DXシリーズでShoichiro Hirata、D.J.Spugnaなどの名義で活躍している平田祥一郎が全曲作曲している。
日本人離れしたお洒落なハウス、2step系へのアプローチはここでも健在。普段そっち系のジャンルを聴いている人でも受け入れられるだろう。
トラックを迎え撃つ声優勢も高レベルが揃ってる。難点はお洒落すぎてアニソン好きに受け入れられるか微妙というぐらいだろう。
悲しくもゲームは売れなかったが、キャラソンCDは作曲、歌い手とも文句無しの活躍をしている良盤である。
いまではプレミアがついてしまっている今作だがそれも納得の出来と言えるだろう。

(★:2点,☆:1点の計10点満点。)